ブログ

昨日は朝から雨模様の小松方面。ちょっと寝坊してしまい、慌ててバタバタ・・・。とりあえず、母を送り出してから、市役所へ行ったり、ケアマネさんの事務所に行って打ち合わせをするなど。

実家の片付けなどして、お昼過ぎに実家を撤収。いつものルートで帰途に就いた。

今回も、松本あたりで日が暮れて、諏訪湖SAで晩飯。そじ坊でこんなものを食う。

中央道は渋滞も無く、談合坂にちょっと立ち寄って、圏央道、東名経由、東名の渋滞も皆無で午後9時前に帰宅した。そんな感じで一夜明け、今朝はいいお天気で暖かい朝。とりあえず、ここ数日できなかった散歩にでかける。

なにやら寝坊癖がついてしまった感じで、散歩スタートも遅い時間だったのだけど、とりあえず頑張って歩く。

しかし、12月とは思えない暖かさである。週の後半には平年並みに戻るようだが、落差が大きくて風邪を引く人が出そうだ。

天気がいいのでとりあえず洗濯物を片付けて、昼間は例によって仕事にハマる。先週作ったツールは、動かしてみると結構バグがあって、今日は夕方までデバッグと使い勝手の手直しなどに潰れた。夜は、CSAジャパンの運営委員会にSkypeで参加したので、まだ晩飯も食っていない。これから何か買いに行って、軽く食うつもりだ。夜になって雨が降り出した。さて、明日も一日そんな感じの仕事の予定である。

この週末も実家に帰ってあれこれ・・・。いつの間にかもう12月になってしまった。今年は、あれこれ大騒ぎだったのだが、それも、もう最終コーナーをまわってしまった。一昨日から、いつものように実家に来ている。今回は妹や叔母さんも来てくれて、だいぶ気楽である。午後に、母の相手を叔母さんと妹に任せて、ちょっと散歩に出かける。

気分転換の散歩ではあるのだけど、やはり家のほうが気になって、あまりリラックスもできない。

街路樹の紅葉はかなりバラツキがあって、早くに終わって散ってしまったところもあるけど、ようやくいい感じになったところも。こっちが本来の状態かもしれない。

2時前に妹が帰り、3時過ぎに叔母さんが帰って、また母と二人の状態になった。夕飯は近所の中華屋に食いに行き、帰ってきてから。ちょっと母のご機嫌が斜めになってしまっている。とりあえず、ここは耐えるのみ・・・。そんな感じの週末である。

今日で11月もおしまい。今年も最終コーナーを回り終え、ホームストレッチ勝負となってしまった。天気は下り坂予報だが、今朝は快晴。富士山もいい感じで見えている。

ここ数日散歩をサボっていたので、とりあえず今朝は頑張って歩く。いつの間にか月は欠けて、半月になって朝の空に残っている。

このあたりの平地でも紅葉が見頃になっている。晩秋の雰囲気を味わいながら歩く。

午前中に事務作業をあれこれ。今日は車で実家に帰るのだが、そろそろ山越えは雪の心配があるので、車のタイヤをスタッドレスと交換する。実は、昨日、オートバックスに行ったのだが、オイル交換のついでにタイヤを交換してもらおうと思ったら、タイヤ交換は予約制だと断られた。ピットはガラガラで手持ちぶさたな感じなのに、杓子定規な対応である。あまりカネにならないタイヤ交換だけでは申し訳ないとオイル交換にかぶせたつもりだったのだが、ちょっとがっかりである。このあたり、オートバックスとしての方針なのか、駒岡店というか、レジのにーちゃんの裁量なのか・・・。もうちょっと融通きかせてもいいんじゃないだろうかと思った次第。

駐車場でタイヤを交換した後、荷造りして自宅を出た。とりあえず、倉庫に行って夏タイヤをしまったあと、実家に向けて出発。ちょっと遅くなって、2時過ぎのスタートとなる。東名から圏央道、中央道で談合坂まで来たらもう午後4時。昼飯も食っていないので、とりあえずチャーシュー麺などを食う。

そこから、諏訪湖まで走ったら、もう日が暮れて、真っ暗になってしまった。時間はまだ午後6時前なのだが、もうだいぶ日が短くなってしまった。

松本から平湯を経由して高山へ抜けるいつものルート。道はめちゃくちゃ空いていて、かなりハイペースで走る事が出来た。

いつも通り、飛騨清見から東海北陸道で小矢部に出るルート。小矢部川SAで小休止して、最終的に午後10時前に実家に到着した。とりあえず、一杯引っかけていい感じになっている。外は雨。気温はちょっと高めだろうか。明日は天気が回復するといいのだが・・・。

仕事にハマって、また日記をサボってしまった。月末追い込みで、いましがた、どうにか一段落ついたところ・・・。疲れた。一杯やりたい・・・・

世間的には三連休の最終日。朝から快晴で、その分気温は下がった。今朝は二度寝してしまい、起床は8時半。それから少し短めの散歩。

気温は昨日と同じか、さらに低めなのだが、日差しがある分、体感的にはちょっとマシ。青空が気持ちいい朝である。

時間も時間なので、公園の裏側の平地はパスして、アップダウンだけを稼ぎ、一時間ちょっとの散歩。それでも歩いているうちに、だいぶ腹も空いてきた。

どのみち、今日も昼間は仕事なので、朝のうちに少しでも動いておきたいのだが、寝坊してしまったので、その分、ちょっと短めの散歩である。

この三連休は、ずっと公園の野球場で少年野球の大会。面白かったのはベンチからの応援がサッカーの応援みたいだったこと。まぁ、今の子供たちには、そのほうがなじみやすいのかもしれない。

そんな感じで10時前に自宅に帰って遅い朝飯。それから、布団を干し、洗濯しながら仕事をする。結局、今日も昼間は自宅にこもって仕事をしていた。洗濯二回戦目でシーツなどを洗ったのだが、ちょっと遅くなって乾く前に日が暮れた。もう日が短いのを頭に入れていなかった。結局、部屋の中につるしたシーツは、まだ少し湿った感じである。

さて、もう11月の最終週。仕事も追い込みだ。

今朝は雲が多くて日差しがあまりなく、寒い朝だった。珍しく7時前に起床し、7時半前から散歩に出かける。ふと見れば富士山はもう真っ白になっている。

そろそろ、もう少し厚着でもいいくらいの感じになってきた。手もだいぶ冷たくなって、そろそろ本格的な冬モードである。もうしばらくすると手袋が欲しくなるかもしれない。

今朝も頑張ってフルコースで歩く。早起きしたので、その分、時間を気にせずに歩けるのだが、昨日、久しぶりに距離を歩いたので、今日はちょっと疲れが残っている感じである。

時折ちょっと太陽が雲から顔を出すのだけれど、またすぐに隠れてしまい、暖かみは伝わってこない。頑張って歩かないと、ちょっと寒いくらいである。

道の周囲に花が多いのがまだ救いかもしれない。日差しがない景色は、だんだん冬モードのモノクロームに近づいていく。

気がつけば来週末はもう12月。今年ももう最終コーナーを回ってラストスパートである。

そんなわけで、今日も一日自宅でお仕事モード。午後に近所の病院へ行って、インフルエンザの予防接種を受けてきた。さすがに土曜日は病院も混雑する。午後1時半の受付と同時に行ったのだが、既に15番目になっていた。それでも、1時間ほどで完了。個人事業主的には、インフルエンザなんかにかかると死活問題になりかねないので、このところ毎年欠かさず予防接種は受けている。まぁ、受けたからといって、かからない保証はないのだが、多少なりともリスクは下げておきたい。そんな感じの土曜日。なんだかんだで7時過ぎまで仕事をして、それから買い物に行き、晩飯を食って、ちょっと一息・・・である。明日は天気も回復しそうだが、やっぱり仕事三昧になる予定だ。

一週間・・・というか、実家から帰って以降、仕事やらなにやらでドタバタしていて、日記は書く気力も無く、ネタもなく、サボっている間に、もう金曜になってしまった。

実家でも多少は仕事をしたものの、書き物が中心。プログラミングみたいな仕事は、自宅で腰を落ち着けてでないとできない。今週は、Visual Studioとにらめっこの毎日だった。特に一昨日は大ハマリして、朝の4時過ぎまで・・・さすがに体力が持たないわけで、先週末の帰国以来、体内時計がかなり乱れっぱなしになっている。結局、今月いっぱいは仕事三昧になりそうである。

さておき、今朝は快晴。もはや秋晴れというよりは冬晴れに近い。急に寒く・・というか、ようやく季節どおりの気温になってきた。このところ、散歩もサボりっぱなしだったので、今朝は久々に頑張って歩く。

朝の気温は10℃を下回るようになったので、少し厚着でもそれほど汗をかかない。このところの不摂生でちょっと体が重い感じだ。

さすがに周囲の木々も、だいぶ紅葉してきた。

季節は次第に秋から冬に変わりつつある。北の方からは雪の便りも聞こえてきた。来週末に車で実家に帰る前に、タイヤをスタッドレスに交換しておかなければならない。

公園の野球場では、少年野球の試合。周辺では親たちが一生懸命ビデオカメラやデジカメを構えている。

昼間は、例によって仕事三昧。気がついたらもう日が暮れていた。そう言えば今日は勤労感謝の日。自分で自分に感謝しつつ、この連休も仕事である。(苦笑)まぁ、頑張って高飛びや物欲対策の原資を稼がないとね。

昨日はちょっと大変だった。時差ぼけの影響だろうか、気がついたらもう午前9時過ぎ。実家行きのために予約した飛行機は、羽田10時30分頃搭乗開始。準備して羽田に向かってもたぶん間に合わない。急いでANAのサイトにアクセスして飛行機をキャンセルする。それから、北陸新幹線の時刻を確認して、11時台の列車を予約。とりあえず朝飯を食い、支度をして自宅を飛び出した。

こちらもギリギリなので、とりあえず新横浜から新幹線で東京に出て、北陸新幹線に乗り継ぐことにしたのだが、途中でかなりギリギリであることに気がついて、予約をもう一本遅い列車に変更する。

幸いにも変更した列車は停車駅の少ない最速タイプ。おかげで、前の列車とあまりかわらない時間に金沢に到着できた。

金沢到着は午後2時半前。ローカル線への乗り継ぎに30分ほど時間があったので、駅前で少し時間を潰す。

その後ローカル線に乗り換えて30分ほど。小松到着は午後3時半頃になった。母が実家に戻るのが午後b4時半から5時くらいの間なので、ギリギリ間に合ったという感じだ。

実家に帰って、急いで買い物に行き、晩飯の支度をはじめて間もなく母がステイ先の施設から帰ってきた。

母は比較的落ち着いた感じだったが、やはり記憶や認識はだいぶ混乱していて、いつもどおりの時間が始まる。10時半くらいに母が寝付いて、ようやく一段落ついた。

今朝は7時頃に起床。朝食後、母が近所の友人たちに誘われて外出したので、その間に実家周りのあれこれや、仕事を少しこなす。11時半頃に叔母さんが訪ねてきて、その直後に母が戻ってくる。それから、一緒に昼食を取り、しばらく母の相手を叔母さんに委ねて、買い物がてらちょっと散歩にでかけた。

2週間ほどの間に、このあたりの季節もまた進んだ。遠くに見える白山は少し雪をいただいていて、街路樹の葉はほぼ散っている。

4時前に叔母さんが帰って、それから、またちょっと母が混乱気味になる。あまり押さえ込んでも逆効果なので、すこし自由にあれこれさせて落ち着かせる。そのうち晩飯の時間となり、叔母さんが持ってきてくれた食材などで夕食をとる。とりあえず母は、9時頃に早めの就寝。このまま明日の朝、無事にでかけてくれればいいなと思いつつ、茶の間で照り美を見ながらこれを書いている次第である。

アムステルダム14:40発の成田行きKLM機に搭乗。定刻前にドアが閉まり、出発とおもいきや、なにやらチェックイン済みの乗客が一名現れなかったとかで、その荷物を下ろす作業のため15分ほど足止めを食らった。

少し遅れたが、その後は順調。例によってだだっぴろいスキポール空港を滑走路に向かう。

これまでエールフランスは何度も乗っているが、片割れのKLMで国際線を飛ぶのは初めてである。ビジネスクラスの設備はエールフランス同様にちょっと古いが悪くない。ただ、こちらもAF同様にWiFiが繋がらないのがちょっと難点。まぁ、それがいいことなのか悪いことなのかは議論があるところだが・・・。

機内食は和食を選択したのだが、日本人シェフのプロデュースらしい料理は悪くない味だった。そんな間に搭乗機は北海沿岸を北上していく。

このあたりのも大規模な洋上風力発電所が見られる。

バルト海からスカンディナビア半島の根元を横切るころには、こんな夕焼け。

それから、ちょっと一眠りして、シベリアの北極圏にかかったあたりで外を見たら、うっすらとオーロラがかかっている。撮影を試みたら、こんな絵が撮れた。手持ちの長時間露光にしては、まずまずだろう。

それからまた一眠りして、気がついたらそろそろ空が白んできた。

もう少し寝よう・・・とすこし寝かけたところで機内の灯りがつく。マップを見ると、そろそろロシアの極東地域に入っている。朝食にクレープを食べて、あれこれ片付けなどをしているうちに、飛行機は日本海を越え、新潟あたりから日本上空へ入っていた。

それから福島あたりで太平洋岸に出て、ほぼ定刻に成田に着陸した。

自動ゲートの顔認識は、今回もメガネをかけたままでOK。荷物も持ち込みだけなので税関もそのまま抜け、しばしトイレで時間を潰してから(笑)駅に向かう。N'exは30分待ちくらい。とりあえず、車内でこの画像を編集してアップロードしていたのだが、なにやら眠気が襲ってきて、しばらく落ちる。時差ぼけなのか、単に睡眠不足なのかよくわからないのだが、東行きは西行きに比べて時差の影響が大きいので、今回が少し長引くかもしれない。乗ったN'exが横浜止まりだったので、安心して?眠れたのだけど、寝てしまうと時差ぼけを助長しそうなのが困る。そういいながらも、帰宅後軽く昼飯を食ってから、ちょっと横になったら2時間ちょっと寝てしまい、周囲は少し薄暗くなり始めていた。

そんな感じで、今年最後の高飛びも終了。明日からまた日常回帰・・・というか、明日から週末はまた実家行き。この一週間、母と連絡がとれなくなっていたので、ちょっと心配していたのだが、夕方に電話があり、比較的落ち着いた感じだったのでひと安心である。

今朝は午前5時前に起床して、日記書きなど。そのあと、ざっとシャワーを浴びて荷造りをし、8時過ぎにホテルをチェックアウトした。外は雲一つ無い快晴である。

とりあえず、中央駅まで歩こうと思いつつ、ちょっと時間が気になる。路面電車に乗ろうかと思ってチケットの自販機に行ったら、これがフランス語で、なにがなにやら・・・。しかたなく、頑張って歩くことにした。

とりあえず、9時過ぎに中央駅に到着。切符を買って、さて列車に・・・と思ったのだが、どの列車が空港へ行くのかわからず、しばし右往左往する。幸い、空港止まりの列車があって、時刻表に行き先が空港と表示されていたので助かった。そんな感じで9時半過ぎにはブリュッセル国際空港に到着。セキュリティチェックは楽勝とおもいきや、優先ラインもなく、金属はないはずなのに金属探知機に引っかかり、荷物もスクリーニングに回されて、思いの外時間がかかってしまう。さて、とりあえず土産・・・と思ってベルギーチョコを買おうとするのだが、メジャーなブランドはGODIVAで、どこででも手に入りそう。とりあえず、GODIVA以外のを買ってゲートに急ぐ。ちょうど、優先搭乗が始まっていたところで、即搭乗。行きの教訓と、E190の荷物入れに、私のケースが入りそうなことを確認していたので、荷物は預けずに全部持ち込んだ。

アムステルダム行きの便は定刻に離陸。まずは経由地のアムステルダムへ向かう。

北海沿岸は常に風があるからか、洋上の風力発電が多い。日本は漁業権などがからんで、なかなか難しいのだが、条件がいいところを活かしてほしいところである。

30分ちょっとの飛行で、アムステルダム・スキポール空港に到着。しかし、この空港は着陸してからゲートまでが長い。無駄に広大な敷地である。到着はスポットでバスでコンコースまで。

とりあえず、EU圏から出国の手続きをして、ゲート近くのKLMラウンジにおさまる。

とりあえず、ちょっと一杯(2,3杯・・)ひっかけて、これを書いている。乗り継ぎ時間は3時間弱と余裕があるので、ラウンジでくつろげる。あと30分ほどで搭乗時刻だ。帰国便はどうやらWiFiがなさそうなので、食って飲んで寝て帰るしかなさそうだ。シベリア上空でうまくオーロラが見えることを祈ろう。