このブログは「風見鶏」が、日々気づいたこと、思ったこと、したことを気ままに綴る日記です。2008年9月に旧ブログから引っ越しました。バックアップをご覧ください。

ゲストログインがうまくできないので、コメントを承認制にしました。スパムでないことを確認の上、公開します。判断はあくまで「風見鶏」の主観で行いますので、文句は受け付けません。(笑)承認が遅れることもままあると思いますが、あしからず・・・

なお、ここに書いていることは、あくまで個人的な思いであり、いかなる組織をも代表、代弁するものではありませんし、無関係ですので念のため。

2008年11月アーカイブ

夜空のカップル

| コメント(0) | トラックバック(0)

夕暮れのあと、西の空に、ビーナスとジュピターのカップル。一週間前より金星は明るくなり、木星にずいぶん近づいた。まるで巨人を誘惑しているみたいだ。

 

夕焼け空

| コメント(0) | トラックバック(0)

時差ボケのせいか、体が重くて、うとうとしていたらもう日が暮れた。窓から見たら綺麗な夕焼けと富士山のシルエット。

 

 

西の空には宵の明星、金星と並んで木星が・・・・。下の写真の縮小版ではちょっとわかりにくいけど、クリックしてフルサイズで見るとはっきり写っている。(このまえサンフランシスコで取った写真もそうだけど、手持ちのコンパクトデジカメ(Panasonic DMC-FX35)の手ぶれ補正でここまで撮れるのはびっくり。

 

 

今日は一日、なにもせずに終わったなぁ・・・。

帰国

| コメント(0) | トラックバック(0)

午前6時に起きて荷造りをし、ホテルをチェックアウト。タクシーでラガーディア空港へ。この時期は6時半くらいでも、こんな感じ。

 

 

ラガーディア空港は想像していたほど混雑もなく、ファーストクラスアップグレードのおかげでセカンダリチェックもまぬがれ、比較的スムーズにセキュリティを通過。デルタのラウンジで軽いものをつまんで、朝食代わりに。定刻午前9時に飛行機はゲートを離れたのだけど、滑走路は渋滞中。離陸までには20分ほどかかった。北へ向かうに従って、地上の景色は雪化粧。NY滞在中にまともに雪を食らわなかったのは幸運だったなと思う。

 

 

デトロイトには定刻よりかなり早めに到着。なんとか会社への土産(いつものとおりのチョコなのだが)を買う暇ができた。(実は、定刻だと、乗り継ぎ便のボーディングタイムまでほとんど時間がない、ぎりぎりの状態。おまけに、デトロイトのコンコースは電車(下の写真)で移動しないといけないほど広い。ちょっと厳しいなと思っていたのだけど、こんな写真をとる余裕もできた。

 

 

で、こいつ(下の写真のB747-400)に乗って帰ってきたという次第。ただ、出発時間になってもなかなかドアが閉まらないので、ふと窓の外を見ると、エンジンの蓋を開けてなにやらごそごそやっている。ありゃ、トラブルか・・・と思ったら、案の定、マイナートラブルで少し遅れるとのこと。本当にマイナーならばいいのだけど・・・・。まぁ、聞いた話、NWのエンジニアの腕は(長年ボロ飛行機を無事故で飛ばせてきただけあって(苦笑))たしからしいから、とりあえずは信じておこうかと。(一応、NWの名誉のために言っておくならば、最近の機材はかなりよくなっているし、サービスもしっかりしている。ここ数年使っているが、いやな思いをしたことは私は一度もない。)

 

 

朝、NYをたって、昼に乗り継ぎ、(実はそこから12時間以上飛んで)夕方に成田に着くというのは、なんとなく不思議な感覚だ。でもしっかり時差ボケは食らっている。昨夜はどうにか眠れたものの、熟睡できていないせいか、なにやら変な夢をいっぱい見た。その多くが仕事がらみ・・・。今日は、なんとなく気持ちと体が重い感じがするのだけど、こりゃ時差ボケだけのせいではないかもしれないな・・・。なんとなく、もうしばらく現実逃避していたい気分だわ。

寒空のマンハッタン

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は一日、NYの関連会社でミーティング。今朝は一段と冷え込んで、コートを持ってこなかったのが悔やまれるほどに・・・。セーターにジャケットをはおっただけでは、どうみても場違いな雰囲気・・・。今年は、寒くなるのが早かったみたいで、明日はさらに冷え込んで、雪になるとの予報も。飛行機は飛ばないんじゃない?とか冗談まじりに脅かされながら、だったらそれもいいかな・・・などと、いまいち日本に帰りたくない気分だったりする私。

 

 

夜は会社の人たちと夕食を一緒にとり、14ozのニューヨークステーキをほおばった。この手の肉は日本じゃ食えないから、いつも出張の時はステーキを好んで食べるのだけれど、14ozはかなり重い・・・。とりあえず、最終日・・・。ほろ酔い加減でホテルに戻る道すがら、通り沿いのイルミネーションが綺麗だった。

 

 

さて、明日はもう帰途につかねばならない。しばしの現実逃避もおしまい。もう一晩くらいは浮世を忘れて眠ろう・・・

DCからNYへ

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はCSIの最終日。午前中でセッションは終わり。今日はSecure Design Summit のセッションを聞いた。朝のキーノートでは、Entrerprise Security Architecture の話と、Oracleの製品セキュリティ関連の話。たしかに、企業のセキュリティはパッチワークではなく、全体をビジネスの面からも体系的に考えていく必要がある。印象的だったのは、リスクをポジティブに考えてみようという発想。たとえば、現在の自動車産業の危機は新しいテクノロジーやビジネスモデルを生み出す原動力になる、という発想だ。(しかし、今朝のニュースでビッグ3に資金投入はやめて、一旦破産させるべきだ、というような議論がなされていたのは、なかなか寒い話だ。議論している連中はもうリタイアした旧経営陣、あきらかに金持ちの発想で物事を語っている。いったい何人がそれで職を失うのか・・・、ともあれ、まぁ、新しいものを生み出す際には痛みを伴うのはたしかではあるのだが・・)しかし、これは企業文化が深くかかわってくる問題だとも思う。ITという意味合いでのEAもそうだが、トップマネジメントの強力なリーダーシップがないとなかなか難しいようにも思う。Oracleの話で、Security (isn't only a) design というテーマは、なかなか現実的かなと思った。たしかに、Security by Design の考え方は重要。当然システムは企画・設計段階からセキュリティが考慮されている必要があるのだが、たとえそうであっても、プログラミング段階で脆弱性が作りこまれることも多いから、結局は開発の全工程できちんとセキュリティを意識していないといけないという話。しかし、今の日本のソフト業界にとっては、その体質もからめて、難しい課題のように思える。

 

 

さて、Secure Design Summit のほうは、最初のセッションは(ISC)2のCSSLP(Certified Secure Software Lifecycle Proffesional)という資格の話で、ちょっとつまらなかった。飛行機の時間やホテルのチェックアウトの関係があって途中で席を立ったのだが、もう少しアーキテクチャの話を聞きたかった。

で、ホテルをチェックアウトし、空港へ。

DCAからNY(ラガーディア)までは、US Airのシャトル便。一応、Star Alliance のGoldもあるので、チェックインはスムーズ。時間があるので昼飯を・・・余裕でいたら、気がつくとセキュリティの前に、どうみても100mはあろうかという長蛇の列。幸いにもGoldで優先ラインを使えたので、待ち時間は少なかったのだが、セカンダリチェックに引っかかって、念入りに調べられた。なんだか新しいスキャナみたいな機械に入れられて全身を2回ほどスキャンされた。(たぶんこれが、最近話題のX線バックスキャッタースキャナーなんだろうか。あまりいい気持ちはしないな。)

 

 

NYまでのフライトは順調。1時間ほどでラガーディアに到着。雪・・というニュースで天気を心配していたのだけど、いい天気で、DCよりも暖かい感じがする。とりあえずよかった。で、タクシーでホテルへ・・・。昨夜はよく眠れたはずなのに、なぜか午後になって異常に眠くなってきた。とりあえず、ホテルに入ってベッドに横になったら3時間ほど寝込んでしまい、気がついたらもう日が暮れていた。

 

 

 

 

晩飯をホテルのレストランで食べ、とりあえず今日は寝るだけ。残る日程は明日1日なので、今日はちょっとゆっくりしよう。

CSI2008 DAY2

| コメント(0) | トラックバック(0)

幸い、天気はもったけれど、木枯らしが吹く寒い一日。まぁ、ホテルの中なのであまり関係ないのだけど、夕方食事に出た際には寒さを実感。

 

 

CSI2008は2日目。今日はTrusted Computing Summit の3セッションと最近のマルウエア動向のセッションを聞いた。Trusted Computing Summitでは、TCG(Trusted Computing Group)のメンバーがTPM(Trusted Platform Module)チップやTNC(Trusted Network Connect:オープン版のNAC仕様)の話などを中心に会場の参加者と盛んなやりとりが行われた。TPMがいまやほとんどのノートPCに実装されているにもかかわらず、ほとんど使われていない問題や、どのように使っていくのかというあたりのプレゼンがあり、またその信頼性や中国が独自仕様を盛り込んでしまっていることなどへの危惧などの議論もあった。TNCについては、実際に企業がそうしたNACを導入するメリットは何か・・・といった話も出て、TCGがどちらかといえば技術先行で、それを普及させるためのビジネス要素についてもっと考えるべきだという指摘なども出ていた。最後のセッションは、Seagateの自動暗号化ディスクについてのプレゼン。これもTCGの一部とのことだが、内容はどちらかといえば製品紹介に近かった。このあたりでちょっと睡魔が襲ってきて一時システムスタンバイ状態に・・・・。

マルウエア話は、MessageLabsによる最近の観測から見たスパムメールとウイルスやフィッシングメールの頻度などに続いて、最近、感染ファイル添付よりもマルウエアへのアクセスURL添付メールが増加しているという話や、このURLに対してDNSが動的に設定されていて、ボット感染PCのアドレスがラウンドロビンで返され、ボットによってさらにマルウエアサイトにリダイレクトされるような形態が増えていること。また、DNSの内容は3分に1回といった短い頻度で変わることで、URLフィルタなど、DNSをもとにしたフィルタリング回避を狙っていることが紹介されていた。(これをFast Flux Domainと呼ぶらしい)また、スパム送信が短時間に大量に送信される傾向が強まっていて、これもフィルタ回避のためだろうということ、gmailアカウントなどを入手するために、CAPTCHA回避機能が用意され、30%程度の解読率を上げていることや、そうして入手したアカウントを使って、google docなどに不正コンテンツを置いてメールから参照させるような形も出てきているとの話。まったく、あの手この手・・・。聞いていて気分が暗くなったところに、標的型攻撃の増加や会社の役員を直接狙ったものが増えている話などで、とどめをさされた。なんとなく自分の足元が不安になってきた。どうも、最近のマルウエア話は暗くなっていけない・・・・。

・・・と気をとりなおしてちょっと景色など・・・。ポトマック川の風景と夕暮れ。ちょっとほっとする。

 

 

 

展示会場は年々、閑散としていく感じ。見ていて、あんまりわくわくする製品やベンダがなくなってきたなぁ・・・・と思う。今年はいきなりの不景気で余計にそう感じるのかもしれない。

 

夜は日本からの常連組の人たちと夕食に。しかし、寒い・・・・。イルミネーションはきれいだけど、写真を撮る手がこごえてしまった。

 

さて、明日は最終日。午前中のセッションが終わったらNYに移動・・・。雪じゃなきゃいいけど・・・

CSI2008 @ Washington D.C

| コメント(0) | トラックバック(0)

日曜に一日かけてワシントンD.Cに移動。郊外のNational Harbor で開催されているCSI2008に参加中。サンフランシスコとワシントンの気温差は大きくて、セーターを着込まないと外は歩けない。一方、ホテルの中はそれなりに暖かいので、逆に暑くなる。

会場は、例によって巨大な高級ホテルなのだけど、このご時勢、さすがに気が引けるので、向かいのレジデンスインに宿を取った。歩いて3分なので便利だが、最近開発されたリゾート地とあって、料金はそれなりに高い。下の写真は会場ホテル前。

 

 

さて、初日は朝のキーノートからなのだが、今回のキーノートは4人もスピーカーが出てくるロングバージョン、ねたも、いまいちよくわからない一般論からID管理、仮想化まで・・・。ちょっと眠くなってしまったというのが正直なところ。

しかし、キーノートに先立ってCSIのDirector挨拶で、「この金融危機で皆さんのセキュリティ予算も、ちょっと危ないよね・・・」なんて言葉が出てくるほど、やはりこちらの状況は深刻なようだ。予算ばかりかクビも危ない状態の人たちも多いようで、今回のコンファレンスは参加者も心なしか少なく見える。

 

 

 

今回のセッション構成は従来の分野別トラックではなく、特定の話題を扱うsummitと呼ばれるトラックがいくつかあり、あいたコマで個別のテーマを扱うような形。今日はSIEM(Security Incident/Event Management) summit をまず聞いた。SIMとかSEMとか、セキュリティ統合監視システムのAcronymは変遷してきたが、どうやら最近は SIEM に落ち着いたようだ。結局のところは、撤退したり、買収されたりしたベンダが多く、この分野はArcSight社の一人勝ち状態になってしまったこともあり、パネルは、ユーザ V.S ArcSightのやりとりに参加者もからんでなかなか面白かった。結局、 SIEMは、ひとつの道具であり、その効果は使うユーザに大きく依存する。自分たちの導入目的やニーズがはっきりしている米国の大手企業だから使いこなせる・・・ということもありそうだ。ベンダもある程度のテンプレートは用意できるが、なかなかユーザにフィットするものにはなりにくく、カスタマイズにはユーザ自身の明確な意思表示が不可欠だと思う。そういう意味で、ユーザサイドにセキュリティの技術を理解できる専門家がいる米国の大手企業とは異なり、米国でも中堅企業では、なかなか使うことが難しいという認識のようだ。我々日本を振り返ってみるに、米国よりも状況はよくない。米国のセキュリティ製品の多くが、大手企業にフォーカスして、専門家が使いこなせる管理機能を強化する方向にある中、だんだんこうした製品が日本で売りにくいものになっていくような気がする。これはベンダ側の問題もある一方で、そろそろ日本の、少なくとも大手と言われる企業が、小規模でもいいからセキュリティの専門チームを自社につくり、ベンダのカウンターパートとして機能できるような体制を作っていく必要があるのではないだろうかと思う次第だ。フルアウトソースの是非については、IT全体でも議論があるが、セキュリティに関しては、かなり難しいだろうと思う。つまり、はたしてアウトソース先に任せた仕事の責任を取りきれるだろうか・・・ということだ。システムダウンなどのITインシデントでも問題になることだが、セキュリティならばなおさらだろう。あれこれ考えさせられた議論でもあった。

コンファレンスの会場になったホテルは、豪華かつ明るい雰囲気。大きなアトリウムは昼間は明るく、夜はイルミネーションがなかなかいい感じだ。

 

 

 

さて、3時間の時差上積みで、まだ昼間は眠気がとれず、コーヒーが手放せない。今夜は少しはよく眠れるといいのだけど・・・。

・・・とテレビを見てたら、NYは大雪らしい・・・・・。このあたりも明日は寒くなりそうな感じ。雪も降るかも。はぁ、風邪を引かなきゃいいけどね。水曜にはNY移動なのだけど・・・・今年の初雪はアメリカで見ることになりそう。

今日は土曜日、朝5時に起きたものの、朝食をとったらまた眠くなり、お昼近くまでうとうとしてしまった。さて、寝すぎたので運動がてらちょっとダウンタウンまで行ってみようと車を走らせた。全米有数の観光地であるサンフランシスコ、ましてこの時期としてはめずらしい好天とあっては、相当の混雑だろうと思いながらも、港沿いの道に入るとはや渋滞。ピア39とフィッシャーマンズワーフあたりを目指すが駐車場もかなり厳しい状態。かろうじて確保して、まずはピア39のレストランで昼食。ピア39の入り口にはもう大きなクリスマスツリーが立てられている。どうやらクリスマス商戦の始まりが早くなっているのは日本だけではないらしい。

 

 

それから、しばらく、あたりを散歩。しかし、やはり人が多い。おまけに、同性結婚禁止の条例に反対するデモが通って、あたりは騒然。(といっても混乱ではなく、デモに観光客が声援を送る・・・というパレード風の盛り上がりはアメリカらしい)

 

 

サンフランシスコ湾は、風がいいのでヨットや夏場はウインドサーファーなどが多いという話。今日も多くのヨットが白い帆を光らせて走っていた。

 

 

時間もあったので、久しぶりにベイ・クルーズの観光船に乗ってみた。観光船はいくつかあるのだが、フィッシャーマンズワーフ側のが空いていそうだったので、そちらに並んだ。これが正解で、押すな押すなの隣の船を見ながら、ゆったりとクルーズを楽しめた。

 

 

サンフランシスコは全米有数の国際港でもある。大きなコンテナ船が頻繁にゴールデンゲートブリッジをくぐっていく。

 

 

 

船はブリッジを一度くぐってから、方向転換し、アルカトラズ島へ。サンフランシスコ名物の監獄島は上陸もできるのだが、予約しておかないと当日では無理。とりあえず周囲を一周して見物。

 

 

海から見たサンフランシスコのダウンタウンはまた独特の風景。坂の町の異名もあるこの街は、丘の上に林立する高層ビルが独特の景色を作っている。

 

 

さて、1時間あまりのベイ・クルーズで、だいぶ日も傾いてきたので、ダウンタウンを後にした。港沿いの通りからは、ベイブリッジが夕日を浴びてきれいだ。

 

 

280号線に乗り、そのまま101号線に出て帰れば、すぐにホテルにつくのだが、海岸線のサンセットドライブを・・・と、太平洋岸の1号線にまわってみる。ハーフムーンベイあたりまで下って戻ってくるつもりだったのだが、1号線に入る道を間違え、少し右往左往したために、日没を逃してしまったのだ残念。でもまぁ、きれいな夕焼けが見られたので、よしとしよう。西の空には宵の明星、手持ちのコンパクトデジカメでも、よく見ると写っている。

 

 

 

さて、あとはさっさと帰ろう・・・と思ったら、それからが大変。なにやら事故があったみたいで、1号線が途中で通行止め。消防車まで出動してかなり大事故の様相。大渋滞の中、迂回路を通らされ、やっと1号線に戻れたと思ったら、その先で、またバイクが横転して事故っていて、ハーフムーンベイの手前までずっと渋滞につかまってしまった。そこから92号線に入って湾岸に戻るのだが、こちらも渋滞中。280号を越えたあたりから流れ始めたのだけど、101号線に入ったら空港手前までまた渋滞。こんなことなら、280から380のルートのほうがよかったかな・・・と後悔しつつ、あきらめて渋滞と付き合って、7時過ぎに、ようやくホテルまで帰ってきた。

でもまぁ、ちょっとした息抜きになったことは間違いない。

さて、明日は朝からワシントンへ移動。西から東への移動は一日がかり・・・。まぁ、飛行機の中で仕事でもしていよう。さて、そろそろ寝なくては・・・

成田のゲートで思わぬアップグレードサービスを受けられたので、フライトは快適。おかげさまで結構よく眠れたので、体調も比較的いい状態。夜明けが遅いので、空が白み始めたころには、陸地が見え始め,朝食サービスが始まっていた。

 

 

しばらく来る機会がなかったサンフランシスコ。1年ぶりくらいだろうか。天気がいいので、着陸前には、ゴールデンゲートブリッジがきれいに見えた。

 

 

この時期は、そろそろ冬場の雨季のはしりで天気がぐずつくことも多いのだけど、今日は快晴で暖かい一日に。明日までこの天気は続くみたいなのでラッキー。下の写真は訪問先の近くで撮ったもの。空が青い・・・。

 

 

とりあえず、今日の仕事は滞りなく終わり、ホテルに入ってちょっとゆっくりしている。明日は休日なので、ちょっとダウンタウンに出てみようかと思っている。

いましがたテレビを見ていたらサンタクララ(シリコンバレーにある市のひとつ)で発砲事件があって3人が殺されたとのこと。ちょっと物騒な話だ。

サン・マイクロシステムズが6000人をレイオフするというニュースも、シリコンバレーにとっては暗い話だ。しばらくは、我慢の時なのかもしれない。

国外逃亡開始

| コメント(0) | トラックバック(0)

ただいま成田でサンフランシスコ行きの登場待ち中。今回は金曜日にちょっと関係先に立ち寄ってから、ワシントンD.Cに飛び、CSI2008に参加、その後NYの関連会社に寄って帰ってくる予定。

 

 

成田は晴れ時々うす曇りで暖かい。展望デッキで少し時間をつぶしていたのだけれど、ふと見ると金網の外側一面にソーラーパネル。ここもエコ志向になってきたのはいいことなのだろう。

 

 

行きの便のアップグレードができなくてちょっと悲しいのだけど、どうやら窓側2列をブロックしてくれたみたいで、隣が空いた状態なので、比較的ゆったりできそうな感じだ。さて、搭乗までは小一時間ほど。ビールでものんで時間をつぶそう。

今朝の富士山

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

久々にすっきりと晴れた朝。なんとなく精神的にすり減ってしまっている最近、こんな朝は気分的に救われる気がする。富士山はすっかり白くなった。

さて、明日から、しばし現実逃避の(いちおう業務上の)国外逃亡・・・・・。ちょっと気分転換になるんだろうかなぁ・・・。

なんとなく、仕事は追いかけてきそうだけど、まぁ、精神的にはだいぶん気楽だ罠。

こんなイベントを晴海トリトンスクエアの運河沿い歩道でやっている。このところちょっと精神的にバランスを崩し気味の私には、ちょっとした癒しでもある。

 

 

家に帰ったらベランダから三日月・・・。ちょっと写真をとってみたが、300m/mズームで手持ちではなかなか安定しない。この絵はまぁまぁマシに取れたかも。

 

星空

| コメント(0) | トラックバック(0)

あまりに天気がいいので、車を走らせ、富士山の五合目に登って星を見てきた。気温は日没時点でもう3度。すこしくらいの厚着ではすぐに体が冷え切ってしまう寒さ。しかし、暗くなるにつれ、頭上には星座もなかなか判別できないくらいの星、星・・・。30秒ほどの露出でも、すこしあとで画像処理をかければ結構、それなりの写真になる。これ以上綺麗な写真を撮るには赤道儀架台を使った長時間露出がいる。30秒くらいの露出では、ちょっとピントを甘くとって画像を縮小したほうが、見た目に近い写真になりそうな感じ。(1枚目の写真)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず堪能はしたものの、もしかしたら風邪をひいたかもしれない・・・・。もうこの時期はスキーウエアでも着ていかないとだめかも。望遠鏡も持って行ったのだけど、あまりの寒さにセットアップすらきちんとできず、使わずじまいに。残念・・・。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2008年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年10月です。

次のアーカイブは2008年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。