このブログは「風見鶏」が、日々気づいたこと、思ったこと、したことを気ままに綴る日記です。2008年9月に旧ブログから引っ越しました。バックアップをご覧ください。

ゲストログインがうまくできないので、コメントを承認制にしました。スパムでないことを確認の上、公開します。判断はあくまで「風見鶏」の主観で行いますので、文句は受け付けません。(笑)承認が遅れることもままあると思いますが、あしからず・・・

システムトラブルのため、2015年以降のブログ画像が消失しました。鋭意、新しい物から順次復旧中です。たぶん、画像再編集には数年かかると思います。(苦笑)

なお、ここに書いていることは、あくまで個人的な思いであり、いかなる組織をも代表、代弁するものではありませんし、無関係ですので念のため。

雲をつかむ話(3章-9)

| コメント(0) | トラックバック(0)

さて、話をレイヤ別の技術に戻そう。ミドルウエアレイヤのサービスを提供するPaaSにおいては、そのうえで動作するアプリケーションが、提供される環境に大きく依存する一方で、利用者側にはある程度の自由度がある。これが、マルチテナントにおけるリスクを増加させていることは、間違いないだろう。このレイヤの障害やバグ、これがCIAにかかわるものであれば、いわゆるセキュリティ問題になるのだが、これらは基本的には事業者側の守備範囲である。利用者側の自由度を高めれば利便性が増し、利用者にとってのメリットは大きくなるが、逆に、使われ方を想定した対策も考えにくくなる。これはビジネスとセキュリティのバランス問題あろう。いわばイージーオーダー既製服であるPaaSサービスを考える上では、利用者、事業者ともに難しい部分だ。

このレイヤでは、一部制限されたネットワークアクセス、データベースやストレージ、Webサーバやアプリケーションサーバと開発用言語などが、すぐ利用できる形で提供される。誤って、もしくは不正に使われる可能性がある機能については、特に、それが外部や他の利用者に影響をあたえることがないように、制限を加えたり、監視機構を組み込んだりすることは必要だ。これらから得られる情報は、基本的には利用者に対して(必要であればNDA下で)開示されるべきだろう。それによって、利用者は自分たちの守備範囲への責任をはたしやすくなるからだ。

利用者側は自分たちが作るアプリケーションに責任を負う必要がある。PaaS上に構築されるアプリケーションは圧倒的にWebアプリが多いが、今後、XML Webサービスベースのアプリも増加してくると予想する。これは、PaaSを使うであろう利用者の多くが、一般ユーザを対象としたSaaS事業者やスケーラビリティを求める大規模ユーザであることを考えると必然だと思う。これらについてのセキュリティ問題は既出だから、当然、そうした問題を回避する方策が求められる。この部分は、もうひとつ上のレイヤで併せて見ることにしよう。

さて、最後のレイヤがSaaSである。これはいわば既製服だ。既製服にはスーツもあれば、ジャケット、ズボン、スカートなど単品もある。SaaSで提供されるサービスも同じような形だ。目的別の服を一揃えで提供しているサービスは使うほうも簡単だ。しかし、ちょっとヒネって着たい服があるように、サービスも違うものと組み合わせて使いたい場合もある。

スーツとして提供されるのが、既製のユーザインターフェイスやポータルアプリであり、単体として提供されるのが、個々の機能についてのAPIと考えてみるとなかなか暗示的だ。セキュリティもこの2面から考えてみることにする。

(続く)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kazamidori.jp/MT6/mt-tb.cgi/265

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、風見鶏が2010年2月16日 07:37に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「週末スキー(という名の宴会!?)」です。

次の記事は「雪の朝と・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。