このブログは「風見鶏」が、日々気づいたこと、思ったこと、したことを気ままに綴る日記です。2008年9月に旧ブログから引っ越しました。バックアップをご覧ください。

ゲストログインがうまくできないので、コメントを承認制にしました。スパムでないことを確認の上、公開します。判断はあくまで「風見鶏」の主観で行いますので、文句は受け付けません。(笑)承認が遅れることもままあると思いますが、あしからず・・・

システムトラブルのため、2015年以降のブログ画像が消失しました。鋭意、新しい物から順次復旧中です。たぶん、画像再編集には数年かかると思います。(苦笑)

なお、ここに書いていることは、あくまで個人的な思いであり、いかなる組織をも代表、代弁するものではありませんし、無関係ですので念のため。

【続報2】通信はイスカンダル星から!?

| コメント(0) | トラックバック(0)
NASAによれば、NASAは通信の解読に成功した。JAXAの関係者によれば、内容は驚くべきもので、発信者は大マゼラン星雲の中のサンザー星系第8惑星イスカンダルのスターシャという宇宙生命体とのこと。地球よりもはるかに進んだ科学力を持つイスカンダル星はなんらかの方法で日本の危機を察知し、援助の手をさしのべようとしているとのこと。イスカンダルのスターシャはコスモクリーナーという放射能除去装置の提供を申し出ているが、イスカンダル星にはそれを地球まで運ぶ宇宙船がないとのこと。宇宙船の設計図を送ることは出来るが、建造には時間がかかる上、現在の地球の技術水準では完成できない可能性もあるため、緊急援助をイスカンダルとは双子の惑星であるガミラス星のデスラー総統に依頼したという。デスラー総統は快諾し、最新鋭の艦隊を急遽、地球に差し向ける予定である。ただ、スターシャによれば、ガミラス星は死に瀕しており、デスラーはどさくさにまぎれて地球を侵略する可能性があるため注意が必要とのことだ。現在の地球の科学水準ではとうてい太刀打ちができないため、スターシャは万一に備えて、コスモクリーナーにデスラーの攻撃能力を奪う仕組みを付加し、万一の場合はその起動方法を教えるとのことである。

ちなみに、スターシャによれば、スターシャ自身も、デスラー総統も日本とはつながりが深いのだというが、詳細は謎である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kazamidori.jp/MT6/mt-tb.cgi/538

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、風見鶏が2011年4月 1日 04:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「【続報1】通信は大マゼラン星雲方向から到着」です。

次の記事は「【解説記事】コスモクリーナーとは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。