このブログは「風見鶏」が、日々気づいたこと、思ったこと、したことを気ままに綴る日記です。2008年9月に旧ブログから引っ越しました。バックアップをご覧ください。

ゲストログインがうまくできないので、コメントを承認制にしました。スパムでないことを確認の上、公開します。判断はあくまで「風見鶏」の主観で行いますので、文句は受け付けません。(笑)承認が遅れることもままあると思いますが、あしからず・・・

システムトラブルのため、2015年以降のブログ画像が消失しました。鋭意、新しい物から順次復旧中です。たぶん、画像再編集には数年かかると思います。(苦笑)

なお、ここに書いていることは、あくまで個人的な思いであり、いかなる組織をも代表、代弁するものではありませんし、無関係ですので念のため。

【解説記事】コスモクリーナーとは

| コメント(0) | トラックバック(0)
コスモクリーナー

開発・製造元:イスカンダル星
機能概略:放射性物質の高速除去

動作原理;

放射性物質には多くの種類があるが、その放射能のメカニズムには大きく3種類がある。α、β、γの3つの崩壊パターンである。このうちγ線の放出のみが起きるγ崩壊はまれであるので、放射能汚染を引き起こす物質の多くが、α、もしくはβ崩壊を行う物質である。これらの崩壊には、原子核および素粒子、さらにはそれを構成するクォークのレベルで作用する「強い力」と「弱い力」および量子トンネル効果が関係している。コスモクリーナーはこれらの力と量子確率を決める波動関数に作用し、原子核の崩壊速度をコントロールしながら最大限まで高めることで、半減期のきわめて長い放射性物質をも速やかに崩壊させ無害化する。

使用上の注意点:

その原理からわかるように、放射能の除去は放射性物質の崩壊を早めることで行われるため、コスモクリーナーの動作中は、逆に強い放射線が放出されることが知られている。このため、この放射線から周囲を防御することが必要である。崩壊レベルを上げて短時間で放射性物質を除去しようとすれば、それだけ短期的に見て強い放射線が放出されるので、レベル設定には注意が必要である。

なお、この対策について製造元では、放射線吸収能力を持つゴジラに協力をたのむのが最良の方法だとしている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kazamidori.jp/MT6/mt-tb.cgi/539

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、風見鶏が2011年4月 1日 04:30に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「【続報2】通信はイスカンダル星から!?」です。

次の記事は「【編集後記】ほんとに欲しい、ゴジラとコスモクリーナー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。