このブログは「風見鶏」が、日々気づいたこと、思ったこと、したことを気ままに綴る日記です。2008年9月に旧ブログから引っ越しました。バックアップをご覧ください。

ゲストログインがうまくできないので、コメントを承認制にしました。スパムでないことを確認の上、公開します。判断はあくまで「風見鶏」の主観で行いますので、文句は受け付けません。(笑)承認が遅れることもままあると思いますが、あしからず・・・

システムトラブルのため、2015年以降のブログ画像が消失しました。鋭意、新しい物から順次復旧中です。たぶん、画像再編集には数年かかると思います。(苦笑)

なお、ここに書いていることは、あくまで個人的な思いであり、いかなる組織をも代表、代弁するものではありませんし、無関係ですので念のため。

決められない、動かない・・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)
今朝は雨、珍しく8時前まで寝坊したので、散歩はなし。朝飯を食いながら、日経の電子版を読んでいたのだが、コラム「春秋」の記事が目にとまった。NATOといえば、北大西洋条約機構のことなのだが、海外の国際会議では、日本企業のことをこう揶揄することがあるらしい。つまり、Not Action, Talking Only (言うだけで実行せず)ということだ。

どうやら「決められない」のは、政治だけではないらしい。社長や会長がクビを揃えた海外視察や商談会で、日本企業は「持ち帰って検討する」という回答が目立つという。海外企業との交渉でもそうだ。社長や会長ですらそうなので、下っ端(たとえば部長級とか)が出る会議だとなおさら。すべて日本にお伺いをたててから、となるらしい。海外から見ると、これはきわめて奇異に映る。その場にいる限りは、最低限の権限は委ねられているはず。まして、それが企業のトップであれば、その場でなんらかの決断をできるはず。たぶん、それが世界の「常識」だ。

日本は昔から「合議」を尊ぶ国だ。これは、たとえば独裁者のようなものが、独走、大失敗して災厄をもたらすことを防ぐ、という意味ではある程度機能している。だが、合議には時間がかかる。現代のように、すべてがスピードアップしている時代において、決断に時間がかかることは致命的だ。

私は、「合議」を尊ぶという風土を変えろというつもりはない。最近、こうした短絡的な思考も見られるが、それは「いつか来た道」である。しかし、これだけ価値観が多様化している中で、合議を尽くすことは、ほぼ不可能だ。どこかで誰かが決断しなければ、合議プロセスはどんどん遅滞する。その決断こそが、トップの仕事(ここでいうトップは、社長だけではない。たとえば、その部署を任されている責任者すべてを意味する)なのだ。もちろん、それには責任が伴う。つまり、リスクを負うことになる。しかし、このリスクを負わなければ、リターンとしての「ビジネスの成功」はありえない。

今の日本人は、みんなリスクを負わないことを、良い生き方だと思っているフシがある。私はこれが今の日本停滞の根本的な理由だと思っている。問題はリスクを背負うことでは無く、リスクにうまく対処出来ないことだ。生きていく限り、ビジネスをしていく限り、リスクを負わないわけにはいかない。とすれば、その大きさに応じた対処のしかたを学ぶ必要がある。ゲーム理論で「ミニ・マックス」戦略というのがある。想定される最大リスクを最小にすることを前提に、意思決定をするという戦略だが、全員がその戦略にたってしまうと、ゲームはきわめてつまらないものになる。このような世界では、ある程度、リスクを大きめにとって、万一失敗した場合のリカバリーを含めて計画を立てる者が、最終的に勝利する可能性が高い。

情報セキュリティがともすれば、とにかくリスク最小化という「原理主義」に陥ってしまうように、ビジネスの世界も、本来の目的である「利益を得て、ビジネスを拡大する」という基本に立ち帰らなければ、方向を見失ってしまうだろう。そのために、リスクをとりつつ、それととどう向き合っていくのかが重要なのである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kazamidori.jp/MT6/mt-tb.cgi/1839

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、風見鶏が2012年9月23日 09:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「いきなりの秋・・・」です。

次の記事は「寒い・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。