このブログは「風見鶏」が、日々気づいたこと、思ったこと、したことを気ままに綴る日記です。2008年9月に旧ブログから引っ越しました。バックアップをご覧ください。

ゲストログインがうまくできないので、コメントを承認制にしました。スパムでないことを確認の上、公開します。判断はあくまで「風見鶏」の主観で行いますので、文句は受け付けません。(笑)承認が遅れることもままあると思いますが、あしからず・・・

システムトラブルのため、2015年以降のブログ画像が消失しました。鋭意、新しい物から順次復旧中です。たぶん、画像再編集には数年かかると思います。(苦笑)

なお、ここに書いていることは、あくまで個人的な思いであり、いかなる組織をも代表、代弁するものではありませんし、無関係ですので念のため。

さらに遠出してみた

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日は朝9時過ぎににラスベガスを出て、グランドキャニオンあたりまでいってみることにした。空路では何度か行ったことはあるものの、車で行くとなるとかなり時間がかかりそう。そもそも日帰りはちょっときついのだけど、とりあえず強行。今回は93号線を南下してインターステート40号線(I 40)に入るコース。陸路だと一旦南へ100マイルほど下ってから、また北へ上がらないといけない。I 40は、ジャズファンおなじみのルート66(旧66号線)沿いを走っているので、休憩に降りると、こんな雰囲気の場所があちこちにある。

この給油地点で、距離的にはまだ半分まで行ってないくらい。ここで昼飯。それから、一気に走ってウイリアムズから64号線を北上。なんだかんだで400マイル近く。到着は午後3時をまわっていた。ゲートで入場料$25を払ってパークに入り、混雑した駐車場でようやく駐車スペースを見つけて、そして、こんな景色。

こういう景色だと、この前買ったSIGMAの10-20mm広角ズームがなかなか良い感じ。

鳥・・・と思ったらカラスみたいだが、こういう景色ではカラスも違う鳥に見える。これは、200mmズームでの絵

望遠だと、こういう地形をクローズアップできるので、これはこれで使える。

とりあえず、あまり長居すると帰りが遅くなるので、とりあえず、一回りして帰途につく。やはり、行きよりも帰りが辛い。途中何度か眠気に襲われ、休憩。どうせなら、途中で晩飯でも食って砂漠の星空でも眺めて帰ろうか・・・、と思ったのだけど、さすがにこのルート上ではまともな晩飯を食える場所が無い。結局、飯も食わずに日没を迎える。午後8時過ぎの夕景。

ここは、R93、ラスベガス近郊のフーバーダム方面へ抜ける手前の峠道の側道だ。ここで夜を待つことにする。ちなみに、このあたりはまだアリゾナ州、ネバダとの州境あたりだ。

やはり思った通りの満天の星。天の川が空を横切っているのがはっきり判る。

北西方面は、既にラスベガスの灯りで白っぽくなっているのだけど、それ以外の空は空気が乾燥しているからか、星がすごく多い。時々通る車のヘッドライトを避けながら撮影。

夏の大三角あたり。今回はISO感度を少し落としたので、この前よりはちょっと暗めに写っている。

そんな感じで、ホテルに帰り着いたのは午後10時をまわっていた。結構ハードな一日だった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kazamidori.jp/MT6/mt-tb.cgi/2159

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、風見鶏が2013年8月 1日 06:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ロングドライブ」です。

次の記事は「ベガスな一日・・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。