このブログは「風見鶏」が、日々気づいたこと、思ったこと、したことを気ままに綴る日記です。2008年9月に旧ブログから引っ越しました。バックアップをご覧ください。

ゲストログインがうまくできないので、コメントを承認制にしました。スパムでないことを確認の上、公開します。判断はあくまで「風見鶏」の主観で行いますので、文句は受け付けません。(笑)承認が遅れることもままあると思いますが、あしからず・・・

システムトラブルのため、2015年以降のブログ画像が消失しました。鋭意、新しい物から順次復旧中です。たぶん、画像再編集には数年かかると思います。(苦笑)

なお、ここに書いていることは、あくまで個人的な思いであり、いかなる組織をも代表、代弁するものではありませんし、無関係ですので念のため。

最終日はお山詣で

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はいよいよ最終日。なんとかと煙のたぐいとしては、一番高いところに行っていないのが心残り。そんなわけで、今日はとにかく行くことにした次第。とりあえず、ブランチはがっつり食って気合いを入れる。

とりあえずガソリンを4ガロンだけ追加して、昨日とは逆方向からサドルに上がる。雲を抜けたらこんな感じのサドルロード。

まずは、この高さで少し体を慣らす。マウナケアの麓にある州立公園で一休み。

ここで一時間ほど2000mの高度に体を慣らす。鳥のさえずりとか、のどかな雰囲気。

それから、またサドルロードを少し走って、マウナケアロードに折れる。ここから少しの間、また雲の中。

少し登るともう雲が切れて快晴。マウナケアビジターセンターのあたりでは、もう空が深くて日差しがきつい。高度は2800m。ここで、もう一度体をならしつつ、夕方を待つ。山頂ツアー客たちも続々。なんか、幕の内食ってる日本人観光客たちの集団はちょっと異様。

で、午後5時半くらいに、ぼちぼちと上り始める。ここから山頂近くまでは舗装されていない急坂が続く。今回4駆のSUVにしたのは、これがあったから。最初の1000mほどは一気に上がるので、結構きつい。途中、車を停められるスペースで、ちょっと休憩しつつ体をならしていく。もう雲はずっと下のほう。3900mあたりから、雲海に頭を出したマウナロアとか。

しかし、日が傾いて、正面から日差しを受けるとめちゃくちゃまぶしい。サングラスをしていても、バイザーを降ろさないと前が見えないくらい。空気が薄いので夕方近くでも日差しはかなりきつい。

適当に休憩しながら山頂に近づくとこんな景色。ここまでは、これまで何度か見ている。

ここから、車で上がれる一番高いあたりまで、急坂を上がっていく。いい感じの雲海を見下ろす。

で、こんなあたりに陣取って夕暮れを待つ。バスや車が続々と上がってきて、人がわんさか集まりだした。今回はだいぶ慎重に高度順応をやったので、4000m超のこの高さでも、くらくらすることはなかった。

で、ここからが、お目当ての夕景。なかなかいい感じだ。すばるとKECKの双子の後ろに夕陽が沈んでいく。

空には半月。実はこの月がちょっと厄介者。

ともあれ、しばらく夕陽を堪能する。すばる望遠鏡と夕陽とか。

この高さならではのこんな夕陽も。

一旦雲に沈んだ夕陽が、また雲の下に顔を出した。なかなか珍しい景色。

夕陽が二度見られるのはなかなか美味しい。

とりあえず、お目当ての夕陽は見たので長居は無用。早めにビジターセンターまで戻る。下りは暗い上にでこぼこ道と崖・・・ゆっくりと下る。ビジターセンターに戻った頃にはもうかなり暗くなって星が光り出していた。

この時間、ビジターセンターでは毎夜の天体観測会。望遠鏡を何台も出して、様々な惑星や星雲などを見せてくれる。今は木星、火星、土星といったあたりが見られる。西に沈みかけたオリオン大星雲もターゲットだが、大口径の望遠鏡で見ても、人の目ではぼんやりとしか見えない。このあたりはやはりカメラで撮影するに限る。強力なレーザーポインターを使って星や星座の解説をしてくれるのも面白い。聴いていたら、あれが南十字だという。そういえば、ハワイだと南十字が見えるのである。持って行ったカメラで撮影を試みる。

降るような星空を期待したのだが、半月とはいえ、やたらと明るい月に邪魔されて、長時間露光の画像は白っぽくなってしまう。空気が澄んでいるせいか、太陽だけではなく、月もやたらと明るい。南の天の川も撮ってみたかったのだが、今回は残念ながらお預け。次回は新月前を狙ってこよう。

さて、そんな感じで今回の日程も終了。あとは、明日の朝の飛行機でコナを発つのみとなった。さて、もう一晩、南の島の夢を見よう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kazamidori.jp/MT6/mt-tb.cgi/2412

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、風見鶏が2014年5月 7日 19:12に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「もう一周・・・」です。

次の記事は「現実回帰しないと・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。