このブログは「風見鶏」が、日々気づいたこと、思ったこと、したことを気ままに綴る日記です。2008年9月に旧ブログから引っ越しました。バックアップをご覧ください。

ゲストログインがうまくできないので、コメントを承認制にしました。スパムでないことを確認の上、公開します。判断はあくまで「風見鶏」の主観で行いますので、文句は受け付けません。(笑)承認が遅れることもままあると思いますが、あしからず・・・

システムトラブルのため、2015年以降のブログ画像が消失しました。鋭意、新しい物から順次復旧中です。たぶん、画像再編集には数年かかると思います。(苦笑)

なお、ここに書いていることは、あくまで個人的な思いであり、いかなる組織をも代表、代弁するものではありませんし、無関係ですので念のため。

南の島の星空探訪

| コメント(0) | トラックバック(0)

今朝はちょっと天気は持ち直したものの、まだ少し雲が多い。昨夜は、例によっていまいち熟睡できず、なんとなく悶々とした夜を過ごした。明るくなってからちょっと眠れたので、多少マシではあるが、西に東に飛び回っているせいで、体内時計のご機嫌を損ねていることは間違いない。今朝は11時近くまでゴロゴロして、それからブランチというより昼飯に近い食事。

今朝はホテルのレストラン脇でなにやら貸し切りイベントをやっていて、通り抜けができず、ラウンジ方面へはフロント側を迂回しなくてはいけなかった。これまで、こういうことはなかったのだが、このホテルも、こうしたイベントを誘致するビジネス戦略に切り替えたのだろう。

今日はちょっと動くつもりで、晩飯が食えるかどうかわからなかったので、とりあえず昼飯はハンバーガーでがっつりと食っておく。

お目当てはマウナケアのピークとビジターセンターでのスターゲイジングなのだが、とりあえずサドルまで上がってお天気伺い。

州立公園あたりは、なんとなく昨日より状態が悪い。これはダメかなと思いつつちょっと書き物仕事などしつつここで様子見。

書き物疲れしたので、とりあえず様子見にビジターセンターまで上がってみることにする。

しかし、ここも雲の中。しかたなく、一度は帰ろうとサドルまで降りたのだけど、なんとなく天気は回復傾向。淡い期待を抱いて、また州立公園でちょっと様子見。天気が持ち直してきたので、もう一度ビジターセンターに戻ってみるが、やはりそこは雲の中。とりあえずピークだけでも・・・と、しばらく高度順応がてら時間をつぶすが、天気は悪化の一途。また、あきらめて山を下る。

下りはじめたら、こんな虹が見えた。やはり天気は回復傾向なのか・・・・。州立公園まで戻ったら、こんな感じでさらに天気がよくなっている。

また、しばらく様子見していたら、マウナケアにかかっていた雲が晴れだした。これなら・・・、と三度目の正直にかけて、3回目の山登り。

時間はもう夕暮れ時。

ビジターセンターまで戻ると、雲は消えて、綺麗な夕空。星空観測会の準備も整っている。大小様々な望遠鏡を並べて、天体を見せてくれる。とりわけ惑星たちは人気である。ちょうど半分に欠けた金星とか、衛星を従えた木星など。とりあえず、私は奥の暗い場所で撮影のセットアップ。今夜はいい絵がとれそうである。セットアップ中に間違ってシャッターを切ってしまったら、意外に面白い絵が撮れた。

去年は月明かりであまり綺麗の撮れなかった南天の星座。今夜は天の川も含めてばっちり。折良く流星も・・・

真上には春の代表、獅子座と木星。人工衛星も写り込んでいる。

南天の天の川は日本あたりの住人にとってはなかなか貴重。ハワイからでも、南の低い空でしか見えない。そのうち、南半球に行って撮ってみたいものである。

こちらは日本でもおなじみの北斗七星など北の星座。しかし、北極星が山すれすれの低い位置にいる。

久しぶりに見た、降るような星空。時間も寒さも忘れて見入ってしまう。山を下る車から見た星空は、まるでその中を飛んでいるかと錯覚させるようだ。ねばって待っただけの価値は十分。天気がよければもう一度くらい来てもいいかもしれない。

9時半頃まで山にいて、それから帰って、ホテル到着は10時半前。晩飯はビジターセンターで食ったサンドイッチでよしとして、とりあえず部屋でビールとワインで酔っ払って余韻にひたっている。

そろそろ今回のハワイ旅行も終盤にさしかかる。さて、明日はどこへ行こうかな。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kazamidori.jp/MT6/mt-tb.cgi/2696

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、風見鶏が2015年5月11日 19:29に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「コナ滞在4日目」です。

次の記事は「のんびり過ごした一日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。