このブログは「風見鶏」が、日々気づいたこと、思ったこと、したことを気ままに綴る日記です。2008年9月に旧ブログから引っ越しました。バックアップをご覧ください。

ゲストログインがうまくできないので、コメントを承認制にしました。スパムでないことを確認の上、公開します。判断はあくまで「風見鶏」の主観で行いますので、文句は受け付けません。(笑)承認が遅れることもままあると思いますが、あしからず・・・

なお、ここに書いていることは、あくまで個人的な思いであり、いかなる組織をも代表、代弁するものではありませんし、無関係ですので念のため。

荒れ模様のデンバー到着

| コメント(3) | トラックバック(0)

UAでのフライトは初めて。機材は787で、国際線では初めて乗る機種。

機内食は、和食をリクエストしてあったのだけど、こちらも悪くない。

787は窓のシェードの代わりに電気的に色が変わる材料を使っている。夜間の飛行中は、自動的に暗くなり、夜明け頃に、窓の外が見えるようになり、日が昇ると機内が明るくならない程度に減光した状態になる。これはなかなか新鮮。外の景色を見ながら、寝ている人の邪魔をしないですむのはいい。

そんな感じで定刻より少し早くデンバー到着。折しも寒波到来で、ちょっと荒れ模様。おまけに、デンバーで合流する予定の友人たちが、LAでうまく乗り継げず、3時間遅れることになり、結局デンバーで6時間待つことになった。腹が減ったのでハンバーガーなどを食いながら時間をつぶす。

その間に、周囲は雪で真っ白になり、友人たちが到着した頃にはすっかり日が暮れていた。借りる予定のコンドミニアムの事務所には遅れる旨の連絡はしてあったのだが、雪のせいで、余計に時間がかかってしまい、到着は午後11時をまわってしまった。デンバーで借りたミニバン、タイヤがちょっと怪しくて、一応M+Sマークはあるものの、オールシーズンっぽい感じ。当然、雪道ではちょっと厳しい。圧雪路はまだいいが、新雪だとスタックする。デンバーからのハイウエイ、山道の急坂で除雪車渋滞につかまってしまい、減速したら、滑って上れなくなり、冷や汗をかく。実際、そんな車も少なからず路肩に止まっている。一旦バックして、何度かゆっくりとアクセルを踏み、どうにか脱出して、そのあとはスピードを殺さないように頑張って走って、どうにかたどりつけたのだが、駐車場でまた深雪につかまり悪戦苦闘。どうにか、部屋に入れた頃には日付が変わっていた。

夜もなにやら神経が高ぶってなかなか寝付けず、結局4時ごろまで悶々としたあげく、気がついたら9時半になっていた。

とりあえず朝飯を食って、それから近場のビーバークリークというスキー場で今日は足慣らし。

今回のターゲットはベイル(Vail)なのだが、高級リゾートで宿が高いので、近くのビーバークリークに宿を取った。今日、明日とここで足慣らしをした後で、木曜、金曜はベイルへ行く予定だ。宿からシャトルが出ているので、予約しておいた。

今日のゲレンデは、昨夜からの雪でところどころ新雪だったが、行った頃には既にだいぶ荒れていて、気温も高めだったので重く、足にくるコンディション。さすがに初日からこれでは、ちょっとへろへろになってしまう。

でも、とりあえず、スキーエリアの端から端までほぼ往復して、午後2時に終了。宿のある側のベースにあるスタバでお茶しながら、シャトルを待って帰った。

帰って少し昼寝したあと、スーパーまで買い出しに行き、それから晩飯にでかける。ビーバークリークのメインビレッジは、山の中腹なので、麓のあたりには、あまりレストランなどは多くないのだが、とりあえず地図であたりをつけて行ってみる。

今夜はイタメシ屋さん。とりあえず、ビールを飲みながらたのんだ前菜がこれ。やっぱりワインが飲みたくなるわけで、一本ボトルを入れ、3人であける。

ただ、パスタはやはりアメリカンな感じでアルデンテとは、ほど遠い感じ。でもまぁ、ワイン一本入れて一人50ドルちょいはリーズナブルである。パスタのゆで加減以外は、特に難点もなかったので、全体としては良かったと思う。パスタも、麺とソースとトッピングを自由に選べるのはユニーク。

そんな感じで、ほろ酔いになって宿に戻る。リビングでちょっと居眠りをして、これを書いたら寝る予定。明日はもう一日、ビーバークリークで滑る予定だ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kazamidori.jp/MT6/mt-tb.cgi/2893

コメント(3)

懐かしいなぁ〜。名前は忘れたけど、あそこでお茶した!とかランチ!とかうっすら思い出しました。ところでBCはベイルより安くコンドに泊まれるんですか?7〜8年前だけどBCの方が高かったような〜

あ、ごめん。コメント承認忘れてました。このところスパムしか来なかったので・・・・・(汗)これに懲りずにこめんとください。

ちなみに、予約サイトで見た限りはビーバークリークの方が安かったですね。(あ、山の上の方は高いので、宿は麓のAVONです。そのようがVAILにも行きやすいので。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、風見鶏が2016年2月 3日 15:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高飛びスキー」です。

次のブログ記事は「Beaver Creek 二日目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。