このブログは「風見鶏」が、日々気づいたこと、思ったこと、したことを気ままに綴る日記です。2008年9月に旧ブログから引っ越しました。バックアップをご覧ください。

ゲストログインがうまくできないので、コメントを承認制にしました。スパムでないことを確認の上、公開します。判断はあくまで「風見鶏」の主観で行いますので、文句は受け付けません。(笑)承認が遅れることもままあると思いますが、あしからず・・・

システムトラブルのため、2015年以降のブログ画像が消失しました。鋭意、新しい物から順次復旧中です。たぶん、画像再編集には数年かかると思います。(苦笑)

なお、ここに書いていることは、あくまで個人的な思いであり、いかなる組織をも代表、代弁するものではありませんし、無関係ですので念のため。

Vail最終日

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は、Vailの最終日。いつものように、宿のシャトルでLions Head ビレッジまで行ってゴンドラで上がる。最終日は、裏側(Game Creek, Back Bowl, BlueSky Basin)横断。裏側は、だらだらの迂回コースかダブルブラックダイヤモンドの高難度コースのどちらか。ところどころで壁やら林やらをショートカットして滑っていたら、あっという間に体力を消耗した。

朝の天気は薄曇りで、気温も低めだったので、バーンが固くて膝に悪い雪質。林の中は木の間隔が狭いので通れる場所が限られて、掘れて凍って・・・で四苦八苦の連続。ところどころ、木から落ちた柔らかい雪が残っていたのが救いだった。

しかし、このカラスという鳥はどこにでもいる。3499mの山頂にも・・・・。昼頃には少し天気も回復してきたので、景色を堪能しながら滑る。

こちらが、今回一緒に来たスキー仲間。

Blue Sky Basin は、昨日行かなかった高い方のピークまっで上がって、それから表側に戻ったのだが、そのころには、私の体力は尽き欠けていた。とりあえずの昼飯で一息。

昨日よりも、帰り道に近い場所で昼飯をとったあと、とりあえずLions Headの麓に向かう。

リフトを一本上がって、標高差1000mを一気に降りたら、もう足腰はがたがた。

麓で、ベンチに座ってしばらく体を休める。

ゲレンデからピックアップ場所まで歩くのも四苦八苦。途中のベンチで休憩しながら・・・・・。

体力もさることながら、ちょっと膝の状態が良くないので、明日の朝の状態を見て、滑るかどうかを決めることにする。明日は朝に宿をチェックアウトして、帰りがてら、KeyStoneに寄って滑り、夕方にデンバー空港近くのホテルに入る予定である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kazamidori.jp/MT6/mt-tb.cgi/2898

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、風見鶏が2016年2月 8日 12:36に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「またまた快晴のVail」です。

次の記事は「Keystone経由でデンバーへ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。