このブログは「風見鶏」が、日々気づいたこと、思ったこと、したことを気ままに綴る日記です。2008年9月に旧ブログから引っ越しました。バックアップをご覧ください。

ゲストログインがうまくできないので、コメントを承認制にしました。スパムでないことを確認の上、公開します。判断はあくまで「風見鶏」の主観で行いますので、文句は受け付けません。(笑)承認が遅れることもままあると思いますが、あしからず・・・

なお、ここに書いていることは、あくまで個人的な思いであり、いかなる組織をも代表、代弁するものではありませんし、無関係ですので念のため。

大曲花火大会2016

| コメント(0) | トラックバック(0)

天候が危ぶまれた大曲花火大会。とりあえず、前日入りして、車を東口駐車場に置いていたので、ホテルを10時前にチェックアウトし、駐車場へ。花火仲間数名は横手の焼きそばを食いに行ったので、遅れて来たメンバーと回転寿司で昼飯。

朝のうちはちょっと怪しげな雲行きだったが、次第に晴れ間が広がり、会場の桟敷に移動する頃には快晴になった。

雨上がりで日差しがきつく、とりあえず途中の帽子屋さんで麦わら帽子を調達する。桟敷は、いつもどおりの混雑。心配していた足元もそれほどぬかるんではおらず、とりあえず、全員が心の中で「俺の(私の)行いが・・・・」などと思ったに違いない。今年は車があるので、桟敷で鮭が飲めない私は、撮影に専念することに。

大曲の花火大会は花火師が技を競う競技会である。課題の割り物(10号玉)2発と、「創造花火」というスターマインの自由種目を各参加者が打ち上げ、点数を競う。大曲の面白いところは、「昼花火」の部があることだろう。これは、光よりも、煙の美しさを競うもの。

昼花火が終わることには、そろそろ周囲が薄暗くなりはじめる。目をこらすと山の稜線に金星。撮影してみると、すぐ脇に水星がいる。この日が最接近なのだそうだ。

1時間ほど間を空けて、暗くなったところで夜の部開始。今回、撮影は初めて使うα7Ⅱなので、最初はちょっと悪戦苦闘。ちょっと課題は残るが、とりあえず、比較的うまく撮れたものを載せておく。

圧巻は、毎年の「大会提供花火」。これでもかの力業で圧倒される。これが楽しみで見に来る人も多い。今回は、端の方の桟敷だったので、比較的全景をとらえやすかった。その分、絵が斜めになってしまうのが難点。

順番が大会提供の後になる花火師さんは、ちょっと大変かもしれない。最後は、いつもの10号早打ち。10号玉を連続で打ち上げる。最後はスターマインも入って派手なフィナーレとなる。

最後は、みんなでライトを振ってお別れ。これもいつもの風景。

このあとが毎年大変。会場出口が大渋滞、さらに、会場から駅方面に向かう道が人の波で大渋滞。でも、今年は会場整理がうまかったのか、比較的スムーズに出ることができた。大曲から、定宿がある田沢湖半まで車で移動。これも混雑を避けるため、裏道を駆使する。今年は、出た時間が少し早かったので、混雑も比較的マシで、日付が変わる直前には宿に到着できた。

今朝は、7時前に起きて一風呂浴びて、それから朝飯。温泉に行きたいという仲間の足を引き受けて、黒湯に行くが、私は入らずに、あたりを散歩。温泉に浸かると、絶対帰りに眠くなるので・・・。

その後、盛岡駅で仲間を降ろし、東北道に上がって帰途についたのが、午後2時半ちかく。途中、仙台で事故通行止めを食らい、手前から仙台北部道路、東部道路を経由して常磐道へ迂回した。福島原発の近くを通る常磐道の周辺には、いまだに帰宅困難地域が広がる。あたりには、除染で出た土の仮置き場や、屋根にシートをかぶせた家などが並ぶ。道路脇の表示板では最大線量は3.5マイクロシーベルト。車に乗って通過するだけなら、どうということはない線量だが、あまり気持ちのいいものではない。結局、午後7時頃に守谷SAで晩飯を食い、帰宅したのが午後8時半。往復の走行距離は1300Kmを越えた。さすがに疲れたので、今夜は早々に寝るとしよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kazamidori.jp/MT6/mt-tb.cgi/3059

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、風見鶏が2016年8月28日 23:07に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「花火を見に・・・北へ」です。

次の記事は「台風逸れて・・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。