このブログは「風見鶏」が、日々気づいたこと、思ったこと、したことを気ままに綴る日記です。2008年9月に旧ブログから引っ越しました。バックアップをご覧ください。

ゲストログインがうまくできないので、コメントを承認制にしました。スパムでないことを確認の上、公開します。判断はあくまで「風見鶏」の主観で行いますので、文句は受け付けません。(笑)承認が遅れることもままあると思いますが、あしからず・・・

なお、ここに書いていることは、あくまで個人的な思いであり、いかなる組織をも代表、代弁するものではありませんし、無関係ですので念のため。

おだやかな一日

| コメント(0) | トラックバック(0)

あいかわらずの日替わり天気。今朝は湿気の多い朝だったが、雨は上がって、晴れ間がどんどん広がっていった。

散歩道には、桜の落葉の絨毯ができている。

その分、頭の上はかなり見通しがよくなってきた。

公園のあたりも、だんだん木の隙間から空が見えるようになってきた。

湿気が多くて気温が下がったので、今朝も遠くがちょっとかすんでいる。

この湿気のせいで、散歩は結構汗をかく。今日は外出予定もあって、朝の散歩は少し短めにした。

そういえば、東北で地震があって津波警報などが出ているのを、散歩から帰ってテレビを見て知った。まだまだ油断がならない。

さて、今日は午前中、自宅で仕事をして、昼過ぎに都内へ。CSAジャパンのセミナーイベントで、IoT WGの発表。このところの活動内容などを20分ほどでまとめて話した。基調講演やパネルで上がっていた言葉は「デジタル・トランスフォーメーション」。つまりは、すべてがデジタル化されることで、コンピュータやAIなどによる処理が可能になり、その処理能力の大幅な向上で、ITだけではなく、生活やビジネスなどのパラダイムが大きく変化するということなのだそうだ。2045年シンギュラリティ説(コンピュータが人間の能力を超えて加速度的な自己進化を始めることで、2045年頃にすべてが予測できない状態:特異点化するという説)もあるのだが、現実はそこまで待ってくれなさそうである。ある分野では、既に指数関数的な変化が始まりつつあり、それにどう対応するかが大きな問題になりつつある。クラウドによって得た処理能力が、AIやビッグデータと結びつくことで、これまでアナログ的に扱われてきた(扱わざるを得なかった)ものが、どんどんデジタル化されていく。同時に、高速かつ高度な処理能力が人の知能を凌駕する。こういう世界と人がどう向き合っていくかを、そろそろ真剣に考えた方がいいかもしれない。

イベントの会場は本郷にある東大の施設。終わった後、懇親会に出て、それから歩数稼ぎに秋葉原まで歩いて帰ってきた。

さて、明日はまた終日自宅仕事。なんとか、一段落つけてしまいたいところだが、まだちょっと先は長い。がんばろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kazamidori.jp/MT6/mt-tb.cgi/3109

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、風見鶏が2016年11月22日 23:29に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「日替わり天気」です。

次の記事は「寒波到来・初雪」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。