このブログは「風見鶏」が、日々気づいたこと、思ったこと、したことを気ままに綴る日記です。2008年9月に旧ブログから引っ越しました。バックアップをご覧ください。

ゲストログインがうまくできないので、コメントを承認制にしました。スパムでないことを確認の上、公開します。判断はあくまで「風見鶏」の主観で行いますので、文句は受け付けません。(笑)承認が遅れることもままあると思いますが、あしからず・・・

システムトラブルのため、2015年以降のブログ画像が消失しました。鋭意、新しい物から順次復旧中です。たぶん、画像再編集には数年かかると思います。(苦笑)

なお、ここに書いていることは、あくまで個人的な思いであり、いかなる組織をも代表、代弁するものではありませんし、無関係ですので念のため。

12年ぶり? のオースティン

| コメント(0) | トラックバック(0)

あれこれバタバタのあげくに、どうにかオースティンに到着した今朝。今朝のフライトは順調で、予定よりだいぶ早く到着。昨夜使えなかったSuper Shuttle(乗り合いバンサービス)も、無事再予約できて、空港からホテルまで、車を独占。この時間にホテルへ向かう人は少ないのだろう。

結局、ホテルは一泊分を捨てることになってしまったのだけど、ダレスでの宿泊は航空会社持ちなので、実害はない。部屋もすぐに使えて、とりあえずちょっと落ち着く。それから、今回の目的であるコンファレンス( (ISC)2 Security Congress 20017)の会場である、JWマリオットへ行って、バッジをピックアップする。会場までは徒歩5分。

午後のイベントまでは、まだ時間があったので、一旦ホテルに戻って、ちょっと横になる。

昼過ぎに、またホテルを出て会場へ。会場下のスタバでマフィンとカプチーノで軽く昼飯を取る。それから、今日のイベントである、CSA Summitに参加。

とりあえず、CSAのトップであるJim Reavisをみつけて挨拶してから、会場真ん中の席に陣取って聴講。

今回、他に知った顔(IR Santosとか、John Yeohとか・・)は、ちょっと見当たらなかった。CSA Summitが(ISC)2のイベントのプレで開催されるのは、今回が初めて。最近、CCSPというクラウドセキュリティの資格制度を共同で立ち上げて関係が深まっているからだろう。

さて、CSA Summitのスピーカーの多くは会員のベンダ企業の人間。人や会社によってセッションの色も変わる。今回のトップは、NokNok のCEO。冒頭に自分のキャリアを紹介したのも面白い。ゼロックスからアップルに行き、その後シマンテック、PGPを経て今の会社に至った歴史を紹介していた。まぁ、自分のバックグラウンドを紹介した上で・・ということだったのだろう。その後の中身は、いわゆるアイデンティティ周りの話。ID管理から認証、フェデレーションやSSOといったあたりの要点や考え方のポイントなどをいい感じでしゃべっていた。

Trust By Design(設計段階で組み込まれた「信頼」)というコンセプトで、上のような各レベルで、どのような標準やソリューションをあてはめていくかという整理は面白い。ベンダ色は極めて希薄にしながら、自社が乗っかっている基盤をうまく説明しているのが印象的だった。それに対して、次に喋ったZscalerは、どうみても自社紹介のプレゼンにしか見えず、得るものも無く、かなり退屈なものだった。あれは、こういうイベントのプレゼンとしてはいかがなものかと思う。スポンサーであっても、そのあたりはもう少し営業色を薄めて欲しいところだ。前のプレゼンとは対照的で眠くなってしまう。

その次はAmazon AWSの二人が喋ったのだが、こちらは前の2つの中間といったところ。クラウドにおいても Security by Design (設計段階で組み込まれたセキュリティ)が重要というあたりで、AWSが提供しているセキュリティのための道具立てなどを紹介。自社基盤のセキュリティ、ではなく、ユーザがその上で構築するアプリケーションやサービスのセキュリティを確保するための道具立てをクラウド事業者としてどのように提供しているかという話である。マイクロソフトなどにも言えることだが、最近の大手クラウド事業者(特に、PaaS/IaaS事業者は、ユーザに気の利いたセキュリティ機能(を構築するための部品)を提供する傾向にある。これは、いい傾向だ。実際、クラウドのモデルでは、事業者と利用者のそれぞれに、その自由度に応じた責任が発生する。利用者側も自分の責任範囲にあるセキュリティは自分で構築、管理する必要があるのだが、それをスクラッチから作らなくていい様々な機能や部品が提供されるのはありがたい。今後はこうした部分も差別化要因になっていくのだろう。自社のアピールではあるが、得るものもあり、バランスのいいセッションだった。

その後、コーヒーブレークをはさんで、パネル。しかし、このあたりから時差ぼけによる睡魔が襲ってくる。

あとの記憶は、残念ながら、ちょっと途切れ途切れ。でも、なんとなくこれまで聴いたような話が多かったような気がする。

数年前からずっと言われ続けている話が、いまだに出てくるのは、それを喋っている人間が進歩していないのか、それとも、クラウド利用が拡大するなかで、いまだ、そうした話を聴くニーズがあるのか・・・なかなか悩ましいところだ。

最後に、CSAが取り組んでいるクラウドセキュリティインシデントの情報共有活動である、Cloud CISC (Cyber Incident Sharing Center)についての紹介。最近流行のInformation Sharingコミュニティのクラウド版である。

そんな感じで、午後5時過ぎにイベントは終了。それから隣の部屋に移って、(ISC)2主催のウエルカムレセプションが始まった。

入り口でドリンクチケット2枚を受け取って、あとは自腹・・・。食べ物は、メキシカンな感じのものばかりで、こちらもテキサスっぽい。

なんとなくテキサスというと、砂漠とバッファローとカウボーイ的なイメージで、そのまんまの演出も・・・

酔うにつれバンドの演奏が心地いい。

いい加減酔っ払ったところで、Jimと少し話をし、ツーショットセルフィーして、会場をあとにした。一旦帰ってから、夕涼みがてら散歩に出る。

ホテル裏の橋の上に観光客っぽい人が集まっている。理由はわからないのだが、何かあるのだろうか・・・。

橋の反対側にこんな場所があった。調べてみたら、以前ここを自転車で走っていた人が暴漢に射殺された事件があって、その追悼の碑らしい。おそらくは友人たちが作ったものなのだろう。

川の上で船遊びをしている人たちもいる。のどかな風景だ。

それから町の方へ少し歩いてみる。気の利いたレストランがあれば・・・と思ったのだが、見当たらず。結局、コンビニで水とおやつを買って帰ってきた。

宿に帰って、少しネットをさまよっていたのだが、眠くなり沈没。結局、そのまま午前4時ごろまで寝てから起きてこれを書いている。今日からは、(ISC)2 Congressの本番。眠気に負けないように頑張ろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kazamidori.jp/MT6/mt-tb.cgi/3335

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、風見鶏が2017年9月25日 18:38に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「秋の高飛び」です。

次の記事は「(ISC)2 Congress 初日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。