このブログは「風見鶏」が、日々気づいたこと、思ったこと、したことを気ままに綴る日記です。2008年9月に旧ブログから引っ越しました。バックアップをご覧ください。

ゲストログインがうまくできないので、コメントを承認制にしました。スパムでないことを確認の上、公開します。判断はあくまで「風見鶏」の主観で行いますので、文句は受け付けません。(笑)承認が遅れることもままあると思いますが、あしからず・・・

システムトラブルのため、2015年以降のブログ画像が消失しました。鋭意、新しい物から順次復旧中です。たぶん、画像再編集には数年かかると思います。(苦笑)

なお、ここに書いていることは、あくまで個人的な思いであり、いかなる組織をも代表、代弁するものではありませんし、無関係ですので念のため。

(ISC)2 Congress 2日目

| コメント(0) | トラックバック(0)

オースティン3日目、(ISC)2 Congressの2日目。天気はちょっと下り坂。昨夜、あまり眠れず、ちょっと睡眠不足の状態で会場へ。昨日同様に軽く朝食を食った後、9時からキーノート。今日のスピーカーは、オバマ政権当時にDHSで国際政治関連の補佐官をしていた、Julliette Kayyem氏。安全保障の観点から、サイバーセキュリティを俯瞰した講演である。いわく、サイバーセキュリティの課題は技術的な問題だけでなく、同じくらいにガバナンス上の課題が大きいとのこと。つまりは、他の問題と本質的にはかわらない、ということらしい。9.11の経験などを踏まえて、こうしたテロなどの問題は、完全に防ぐことが困難だが、一度起きた事件と同様のものを、いかにして再発させないようにするかが極めて重要だという。これは、インシデント対応の考え方そのものだろう。同時に、こうした事象を完全に防ぎきれないという前提で、想定外の事態に対して、システムを短時間で復旧できるようにするなどの「回復力」を高めることが重要だという。そのための鍵が「冗長性」「柔軟性」「フェイルセーフ」「迅速な復旧」そして「教訓から学ぶこと」なのだそうだ。まさに、我々の世界でのセキュリティ対策やインシデント対応の原則そのものである。さて、今日は、このあたりから既に寝不足の影響が出始めて、2、3回意識が途切れてしまった。まぁ、それでも話の中身は理解できたのでよしとする。

次のセッションは、「ステガノグラフィー」の話。

私はちょっと違うものを想像していたのだが、画像などのビットを操作して情報を隠し、DLP(情報漏洩対策)などを回避してそれを持ち出すといった行為をどう防ぐか、といった視点からの講演である。最も単純な方法は、画像のピクセル情報の最下位ビットを使って情報を隠す方法。たとえば、画像をカメラで撮って情報を読み取るといったアナログを経由した方法ではなく、データをデジタル処理して情報を取り出せるように隠す方法である。私は前者の方法に興味があったのだが、考えてみれば、情報セキュリティ的には後者が大問題だろうと思う。そういう意味では興味深く聴いた。結局のところ、完全に発見することは難しいが、最下位ビットを操作することにより、画像の色数が極端に増えるといった現象が発生するので、通常よりも色数が多い画像を見つけて詳細に調べるといった手間のかかる方法に頼らざるをえなさそうである。このあたりは、もしかしたら深層学習とかの出番かもしれない。

今日も、ランチはパスしてホテルに戻って昼寝することにしたのだが、これがちょっと昼寝ですまず、気がついたら夕方まで寝てしまっていた。結局のところ、今日の午後のセッションは聴かずじまいである。

まぁ、しかたがないので、晩飯を食いに出ることにしたのだが、外はかなりの雨。足下には水たまりができている。

あまり遠出してもぬれるだけなので、会場のマリオットにあるレストランで食うことにした。雰囲気はイタリアン系だが、今日は肉を食う。

まずはいつものようにコロナをたのんで、前菜にレタスサラダを食う。

メインは、14オンスのニューヨークステーキ。ぶあつい食い応えのある肉だ。せっかくテキサスにきたのだから、こういう肉らしい肉を食いたい。酒を赤ワイン(ピノ)にかえて、肉を楽しんだ。こういう肉は久しぶりである。

そんな感じで、今日はちょっと休養モードになってしまったが、とりあえずは無事に終了。ホテルに帰ってこれを書いている。昼間に寝てしまったので、夜眠れるかどうかがちょっと心配だが、なんとか寝て、明日は眠気に襲われないようにしよう。さて、明日は最終日。セッションはゆうがたまでみっちりあるので、頑張って聴くとしようか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kazamidori.jp/MT6/mt-tb.cgi/3337

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、風見鶏が2017年9月27日 09:51に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「(ISC)2 Congress 初日」です。

次の記事は「(ISC)2 Congress 最終日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。