このブログは「風見鶏」が、日々気づいたこと、思ったこと、したことを気ままに綴る日記です。2008年9月に旧ブログから引っ越しました。バックアップをご覧ください。

ゲストログインがうまくできないので、コメントを承認制にしました。スパムでないことを確認の上、公開します。判断はあくまで「風見鶏」の主観で行いますので、文句は受け付けません。(笑)承認が遅れることもままあると思いますが、あしからず・・・

システムトラブルのため、2015年以降のブログ画像が消失しました。鋭意、新しい物から順次復旧中です。たぶん、画像再編集には数年かかると思います。(苦笑)

なお、ここに書いていることは、あくまで個人的な思いであり、いかなる組織をも代表、代弁するものではありませんし、無関係ですので念のため。

除雪に暮れた一日

| コメント(0) | トラックバック(0)

大雪の峠は越えて、昨夜の積雪は、さらっと10cm程度。実家の二階には大きなつららが下がっている。

朝のうちは、まだ少し雪が残ったが、昼前には日差しが戻ってきた。今日は母親をデイサービスに送り出したあと、午前中から路地をざっと雪かきして、それから雪に埋まった車を掘り出しにかかった。車自体もだが、道沿いの歩道が雪に埋まっているので、まずは車の後ろから車道までを除雪。半分くらい終えたところで電池が切れて昼飯でチャージし、そのあとまた作業を続行。どうにか、車を動かせるようになった頃にはもう4時近くになっていた。

さすがに下の雪を全部削る余力は無く、とりあえず踏み固めて車が動くようにしたのだが、たぶん明日は足元が緩むので、全部除雪しないといけなくなるかもしれない。それまでに、この通り沿いの雪をなんとかして欲しいところである。今日は日差しがあったので捨て場のない雪を車道に投げて融かしていたのだが、それではとても追いつかない。

屋根雪もちょっと心配だが、明日あたり緩んで落ちてくれることを期待している。そんな感じで気がついたらもう日が暮れていた。さすがに体中がだるい。ちょっとボロボロになっている。少し、身体をほぐして寝ないと明日が辛そうである。そんな感じで、今回の大雪対応も大詰め。そんな苦労を知るよしもなく、実家の番猫は母親の膝の上で極楽を満喫している。

さて、明日一日、様子を見て、明後日には自宅に戻る予定である。一週間の予定が大雪のせいで、既に二週間近く。さすがに、ちょっと疲れた。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kazamidori.jp/MT6/mt-tb.cgi/3441

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、風見鶏が2018年2月 8日 21:45に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「大雪の峠は越えたが・・・」です。

次の記事は「大雪後遺症は続く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。