このブログは「風見鶏」が、日々気づいたこと、思ったこと、したことを気ままに綴る日記です。2008年9月に旧ブログから引っ越しました。バックアップをご覧ください。

ゲストログインがうまくできないので、コメントを承認制にしました。スパムでないことを確認の上、公開します。判断はあくまで「風見鶏」の主観で行いますので、文句は受け付けません。(笑)承認が遅れることもままあると思いますが、あしからず・・・

なお、ここに書いていることは、あくまで個人的な思いであり、いかなる組織をも代表、代弁するものではありませんし、無関係ですので念のため。

映画の最近のブログ記事

今朝は久々に散歩。快晴、放射冷却で底冷えの空に朝の月。

しばらく見ないうちに、この銀杏の木もすっかり裸になってしまった。

スキー疲れのせいか、運動不足のせいか、なんとなく体が重い。頑張って歩くのだけど、寒さのせいか、ほとんど汗もかかない。

世間は今日が仕事納め。会社に向かうサラリーマンを横目に散歩を続ける。

天気がいいので洗濯などしつつ、営業用の年賀状を作って投函。個人用はニセコに行く前に投函済み。ついでに、このドメインのレジストラ変更の手続きもしておく。もともとのレジストラのビジネスのやりかたが、いまいち気に入らないので、業務用ドメインのレジストラに移すことにした次第。

そんなことをしながら、午後は桜木町方面に出かけて、こんなものを観る。

ルーカスが当初、作らないと言っていた最終三部作の一作目。ディズニーに買収されて方針変更になったわけだが、世間では酷評する向きも多い作品。でも、観てみたところ、それなりに面白い。しかし、デス・スターがどんどん進化するのに、XウイングやTIEファイターは見た目が変わらないというのも不思議である。攻略方法も毎回よく似た感じなのは、映画の問題ではなく原作側の問題なのかもしれない。まぁ、一作目なので、未消化な感じがするのはいたしかたないのだろう。そういう意味では早く次が観たいところである。

さて、明日は車で実家に帰る予定。年末年始は実家で過ごす予定だ。

オフの一日

| コメント(0) | トラックバック(0)

お仕事モードは昨日で終わって、今日は一日オフ。まぁ、何をするでもなく、のんびり過ごすつもりで、朝をむかえた。

とりあえず、朝飯前にボードウォークを散歩する。今朝もいい天気。

歩いていたら、某ベンダのI氏とばったり。で、朝飯をご一緒する。ちょっとお仕事話もあって、来週、日本で打ち合わせをすることになった。まぁ、これだけでも来た成果はあったかもしれない。

とりあえず、部屋に戻って何をしようか・・・と思案しながら、また例の映画をもう一度見たくなった。で、車で20分ほどの、こんなあたりに来てみる。

もちろん、字幕も無い英語版なのだけど、2回目になると、前回、うまく聞き取れなかったあたりも聞けるから不思議だ。ちなみに、こちらの映画館も、いわゆるシネコンで、上映も全部4Kベースのデジタルプロジェクションだ。画面に一切ノイズ(フィルムの傷)が出ないのがいい。まぁ、往年の映画ファンにはつまらないかもしれないが・・・。

今回の新シリーズで面白いのは、オリジナルにはなかった新技術(たとえば、TNGとかヴォイジャーあたりで登場する技術)が既に織り込まれていることだ。まぁ、未来から持ち込まれた技術というノリなのだろうけど、これも、この先の展開が面白そうだ。前作で、未来から来たスポックがスコッティーに入れ知恵したトランスワープ転送は、すでに遠く離れた恒星系の間で人の転送が可能な技術になっている。クルーにはアンドロイドっぽいのもいる。いろんな設定がリセットされているので、これをもとに、もう一度テレビシリーズを作っても面白そうだ。(それを予感させるエンディング・・・なので)原作のストーリーを違った角度からの設定で作り直すというのが、このパラレルワールドシリーズの面白いところだろう。トリブルという毛むくじゃらの小さな生き物を知っている人は、昔のテレビシリーズや原作を知っている人だろうが、こいつも出てくる。TVシリーズを作り直すと丁度、ギャラクティカのリメイク版みたいな感じになりそうだが。このシリーズが新しいトレッキーたちを生み出すと面白いなと思う。

さて、そんな感じで映画を見て帰ってきたら、なにやらホテルの駐車場がやたらと混んでいる。8階まで上がらないと止める場所が無い。まぁ、こういう場所なので曜日は関係ないのかもしれないが、ちょっと不思議だったのだけど、理由はこれだった。

今日は海沿いでエアショーが開催されていた。上のはハリアーだと思うのだけど、アクロバットをやった後に、海岸沿いの低空をゆっくり飛んでいった。ジェットはこれだけで、あとは昔懐かしいプロペラ機が中心。

浜辺にはパラソルが林立し、ボードウォークも大混雑。沖合には、クルーザーやヨットが停泊して見物モードになっている。外が暑いので、私は、部屋に戻ってビールを飲みながら見ていた。

それから一眠りしたらもう7時前。とりあえず、一風呂浴びて、ボードウォークに出てみた。

今度は南向きに少し歩いてみる。昼を食い過ぎたので、いまいち腹も減っていないので腹ごなしに30分ほど歩いてみた。

ミュージアムの前になにやら人がたくさん集まっているなと思ったら、ここで何か映像ショーがあるみたいだ。これはカウントダウン中。まだ17分もあるので、見るのはあきらめて帰ってきた。

今日も夜のボードウォークはたくさんの人が出ている。こんなジャングルカフェなんかもあって面白い。

カジノでちょっとお布施して、あまり腹も減っていないのでショップでコロナ2本とつまみを買って・・・とクレジットカードを出したら、IDを見せろといいやがる。あいにくとパスポートとかは部屋に置いてきたので、しかたなくキャッシュで払った。ちょっとキャッシュが心許なくなってきたので、明日の駐車場代とチップ用とかに残しておきたいわけで・・。

さて、明日はもう帰らないといけないのだけど、まぁ、ちょっとした収穫と、息抜きができた一週間だったので、来た甲斐はあったんだろうな。次は、8月頭のDEFCONあたりを狙っているのだけど。まぁ、オカネが続く間は、時々狭い日本を抜け出すのもいいかなと思っている次第だ。

今朝は快晴のフィラデルフィア。ちょっとのんびりしてからホテルをチェックアウトして、車でアトランティックシティーまでドライブ。でも、ちょっと寄り道して、こんな感じの田舎のモールに来てみた。ペンシルベニア州のフィラデルフィアからちょっと走ればもう、ニュージャージー州。

今日は日曜日とあってか、モールの店はかなり閉まっていて、なんとなく閑散としている。

何をしにこんな場所まで来たのか、というと、こんな場所があるからで・・・・

まぁ、ポップコーン片手に観るものといえば、映画と相場がきまっている。アメリカまで来て、それも、こんな片田舎の映画館を探して観る映画と言えば、やはりこれなわけで・・・。

8月の日本公開が待ちきれず、近場で上映中の映画館を探してやってきた。5月の中旬から公開されていて、この時期はもう2番館なので、結構空いている。観客に年配が多いのは、やはりトレッキー世代ということなんだろう。

前作で、過去を変えてしまったので、実際、話は一旦リセットされているのだけど、このパラレルワールドはなかなか面白い。ネタバレになるので詳しくは書かないが、今回の悪役は意外な人物。で、前の映画シリーズの2作、3作を知っている人には、え?という展開が待っている。いやぁ、これは観てよかった。日本では8月公開予定なので、お楽しみに・・・(笑)

さて、それから、小一時間車で走って、大西洋岸のアトランティックシティーへやってきた。明日からのコンファレンス会場のBally'sにチェックインしようとしたら、JFKのイミグレ並の混雑。チェックインに小一時間かかってしまい、疲れてしまった。

とりあえず、ホテルの部屋にはいってから、飯がてら、ちょっと海沿いのボードウォークを歩いてみた。しかし、結構すごい人出。さすが、東海岸のラスベガスという街である。海沿いには、案外、ちゃんとしたレストランがない。結局、そのあたりの店で肉を食ったのはいいのだけど、アルコールを置いていないというので、ダイエットコークでステーキを食うことになってしまった。

海岸沿いはウミネコがすごい。時々見かけるカモメも肩身が狭そうだ。とりあえず、腹はふくれたので、腹ごなしに、また少し歩いて帰ってきた。

部屋はこのタワーの30階。帰りがてら、カジノでツキの女神様にちょっとだけお布施をして、売店で水とビールを買って部屋に戻った。

こんな感じで一杯やりながらこれを書いていたら、もう今はすっかり日が暮れて海沿いのボードウォークの照明が点々と続いている。ちなみに、この高そうな部屋、実はコンファレンス参加者レートで、一泊$85だったりする。いいのか、こんな安くて・・・。まぁ、ラスベガスと同じで、お客がカジノで落とすカネのほうが高いって話もあるのだが。あまりハマらないようにしよう。さて、今夜はゆっくり寝て、明日のコンファレンスに備えよう。

昨夜から体調がいまいち。朝方はおなかの具合もよくなくて、結局、9時過ぎまで寝ていた。おかげで体調はそれなりに戻ったし、朝の散歩もしていなかったので、昼前からちょっと出かけることにした。

近所のお社脇の桜。もうかなり散りつつあるのだが、道ばたに花びらが積もっている。なんとなく肌寒い天気で、お花見にはちょっと不向き。んで、やってきたのはこのあたり。

天気がよければ、この桜木町界隈も花見客でごったがえすのだが、この空模様では桜もいまいちぱっとしない。とりあえず、ここまで来て、ふとまた「とある映画」を見たくなり、そのまま映画館に入って2度目の鑑賞。1回目よりも、なんかよかった気がする。しかし、宇宙エレベータの設定はかなり無理矢理。まぁ、冒頭、いいわけがましいセリフもあるのだが・・・。唐突な出現以前に、原理的に考えて赤道直下以外の設置はムリだろう・・・・。(笑)でもまぁ、初登場の魔女っ娘たちとステイルの組み合わせは、ちょっと笑える。聖人神裂が宇宙空間でも素でいられるとは・・・・、しかもそのまま地球に自由落下していくとは・・・。デブリをミサイルで撃破したら、もっとデブリを増やすことになるんだが・・・・。それより、あの宇宙エレベーター自体が巨大な宇宙ゴミになってしまうのでは?。そんな突っ込みどころは満載なのだが、見ている最中はそんなことを忘れさせてくれる。音楽もいい。劇中歌のCDとか出そうだけど。とまぁ、あまり書くと本性がバレそうなので、これくらいに。

それから、遅い昼飯がてら、ランドマーク方面へ歩く。桜はだいぶ葉が出ているが、まだこんな感じで花見もできそう。但し、この天気はちょっと辛い。昨日の暖かさとの落差はちょっと体にこたえる。

ランドマークモールで昼飯にそばを食い、ちょっと表を歩こうとしたが、かなり寒い。カゼが悪化しそうなので、おとなしく戻ることにした。

この天気にもかかわらず、ランドマークあたりは、かなりの人出。まぁ、週末だし、まだ桜も咲いてるしね。

しかし、案の定、午後から体調は悪化。結局、家に帰って夕方まで寝ていた次第で・・・。今日は家でおとなしくしていたほうがよかったかもしれない。明日は暖かくなってくれるだろうか。

とある冬の朝に

| コメント(0) | トラックバック(0)

いやいや、今朝もいいお天気。気温はここ2、3日に比べれば少しだけ高め。とりあえずいつもどおりに散歩に出かけた。

散歩道の梅の花がどんどん咲き始めている。あちこちで見頃になった木が増えてきた。

いつもの公園脇の石段、こんな迷子が一匹。うーん、今朝はなぜか、こいつが爆発しそうに思えてしまうのはなぜだろうか・・・。(笑)

坂の途中にはちょっと不機嫌そうなこいつ。茂みに隠れてあたりをうかがっている。

こいつはゴミあさり中。今日は生ゴミデー。このまえ、上の奴がこれをやってたときに近づいたらパニクって、網に絡んで大変だったのだが、こいつは落ち着いている。

今朝は、坂で折り返さずにそのまま戻ってきた。朝から出かけるので、それで歩数は稼げる。朝飯を食って、それから出かけてやってきたのが、こんなあたり。

この左手のビルにある映画館に用事があったので・・・。今日封切りの、とある映画、明日から高飛びなので、今日見ておこうかと思った次第。予約はしてあったのだけど、発券機に長蛇の列。現金払い指定は開始15分前がリミットなので、ちょっとヒヤヒヤしたけど、なんとかセーフ。無事入場。いやいやなかなか面白かった。初日の最初に行ったので、限定景品をゲット。

さすがに初日なんで、ネタバレはやめておく。見終わったあと、ちょっと余韻にひたりたい感じがした。ちょっと切ないエンディング。BDでも出たら、買ってまた見るとしようか。とりあえず、昼前には家に帰って、洗濯して、明日の高飛び準備とか・・・。

さて、明日から5日まで国外逃亡。ちょっと気分転換してくるつもり。サンフランシスコの様子はまた、まとめてレポートしよう。

スタートレック

| コメント(0) | トラックバック(0)

そろそろスタートレックねたを書いてもいいかな・・・・と。実は今日、また見てきました。先日、ラスベガスで見てから、日本で公開されたらもう一度見に行こうと思っていたですが、今日、みなとみらいのマイカルシネマまで行ってみてきました。いやぁ、何度見てもいいですね。

あまりスジをバラしてもおもしろくないので、私の解釈を中心にかいておきましょう。

これは、ジェームス・T・カークとTVシリーズ時代のエンタープライズクルーの生い立ちや出会いに至るまで、そしてカークがエンタープライズの船長になるまでの話です。しかし、これは決して過去の話ではありません。むしろ、新たな未来、歴史の出発点となる物語なのです。

事件は未来から来たロミュラン人によって引き起こされ、意外な人物を巻き込んで、我々が知っているスタートレックの設定の一部を変えてしまいます。タイムマシンパラドックスに類する話は、過去のスタートレックにたくさんありましたが、これはタイムマシンパラドックスの話でもありません。むしろタイムマシンパラドックスの存在そのものを否定するものです。パラレルワールド仮説のもとではもはやタイムマシンパラドックスは存在しません。そして、この話は・・・・・・と、あとは見てのお楽しみ。

スタートレック2作目(カーンの逆襲)で出てきた、(絶対勝てない)コバヤシマル救出シミュレーションをまんまと切り抜けたカークの逸話や、マッコイが(英語版シリーズで)なぜ、ボーンズと呼ばれるようになったかなど、トレッキーなら知りたい話も満載です。

そして、この話を作ることにより、今後、スタートレックシリーズは過去のストーリーに縛られない展開が自由に可能になってしまうのでしょうね。

是非、みてみてください。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち映画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはです。

次のカテゴリは発見です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。