このブログは「風見鶏」が、日々気づいたこと、思ったこと、したことを気ままに綴る日記です。2008年9月に旧ブログから引っ越しました。バックアップをご覧ください。

ゲストログインがうまくできないので、コメントを承認制にしました。スパムでないことを確認の上、公開します。判断はあくまで「風見鶏」の主観で行いますので、文句は受け付けません。(笑)承認が遅れることもままあると思いますが、あしからず・・・

システムトラブルのため、2015年以降のブログ画像が消失しました。鋭意、新しい物から順次復旧中です。たぶん、画像再編集には数年かかると思います。(苦笑)

なお、ここに書いていることは、あくまで個人的な思いであり、いかなる組織をも代表、代弁するものではありませんし、無関係ですので念のため。

ニセコ最終日

| コメント(0) | トラックバック(0)

はやくも、今回のニセコの最終日。年末寒波の先鋒で、昨夜からいい感じで積もっている。今回のベストデーは間違いないのだが、3日間の蓄積疲労やらで、身体はかなり辛い状態。降らなかったらパスして帰り支度・・・と思っていたのだが、さすがにもったいないので、少しだけでも滑ることにした次第。

朝一にK3まで上がって、花3がまだ動いていないっぽいので、K3コースを一本。コース脇のパウダーゾーンを友人の後について滑る。これが最高の一本。しかし、気温が下がっているせいか、緩斜面で板が滑らず、スケーティングで体力消耗。日頃歩いているので太ももあたりは問題ないのだが、腰まわりと背筋、それからスケーティングでストックをつく腕が結構な筋肉痛になっていて、結局、その後花園を1,2本滑ってへろへろになり308まで降りて終了とあいなった。

そう言えば花園ベース周辺に巨大なホテルかコンドミか・・・が数棟建設中。なにやら景色が一変している。まさに、インバウンドバブルな雰囲気である。だいたいニセコ周辺の飲食店メニューの値段も超インフレ状態。我々日本人にはかなり辛い雰囲気である。

さておき、疲労困憊した身体には、甘い物を・・・ということで、ホットチョコなどを飲んでしばらく休憩。あと一本・・・という気持ちを抑えて、シャトルバスでひらふに戻ることにした。「あと一本が怪我の元」という標語があるかないかはともかく、昨日も、ここからひらふに帰る途中で大ごけしたので、今日は安全策。ここで怪我でもしたら目も当てられない。

宿に帰って一休みしてから片付けと荷造りをして、余った時間でちょっと仕事をする。午後3時のバスなので、2時半過ぎにウエルカムセンターまで送ってもらう。センターの中は待合客でごったがえしている。ふとみると、こんなコインロッカー。閉めてからも、真ん中にある小さなドアはカギで開け閉めできるので、小物の出し入れなどが出来るらしい。入れ忘れ、取り忘れなどの時には便利そうだ。しかし、これはちょっとした逆転の発想かもしれない。思いつきそうで思いつかない、なかなか面白いアイデアだろう。

そんな感じで、3時のバスでひらふを後にした。

帰りも順調で、5時半過ぎに千歳に到着。いい時間なので飯屋・・というか飲み屋?を物色する。

で、こんな感じで一杯ひっかけ・・・・。

来る時はザックを背負ってスーツケースを転がして来たのだけれど、帰りはスーツケースも送ってしまったので、ザックひとつ。身軽なはずだったのだが、あれこれ詰め込みすぎて、やたら重くなってしまった。これを背負って歩くのは、ちょっとした苦行である。身体は筋肉痛で、膝も調子が悪いから、土産物を買うのもちょっと大変。

とりあえず、ラウンジにおさまってちょっと一息。帰りの便はAIRDO運航だったのだが、到着遅れで20分ほど遅延。羽田到着は9時半過ぎになった。羽田への降下中に結構派手に揺れた以外は順調なフライトである。駅前のスーパーで買い物をして帰宅したら11時前になっていた。そんな感じで今年のニセコは終了。しかし、もう少し体幹を鍛えないとダメだな・・・、いや体重も減らさないと・・・などと思いながら帰ってきたのだが、正月を控えて後者はなかなか難しそうだ。(苦笑)

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.kazamidori.jp/MT6/mt-tb.cgi/3655

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、風見鶏が2018年12月27日 23:39に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ニセコ滞在中」です。

次の記事は「年末帰省」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。