このブログは「風見鶏」が、日々気づいたこと、思ったこと、したことを気ままに綴る日記です。2008年9月に旧ブログから引っ越しました。バックアップをご覧ください。

ゲストログインがうまくできないので、コメントを承認制にしました。スパムでないことを確認の上、公開します。判断はあくまで「風見鶏」の主観で行いますので、文句は受け付けません。(笑)承認が遅れることもままあると思いますが、あしからず・・・

システムトラブルのため、2015年以降のブログ画像が消失しました。鋭意、新しい物から順次復旧中です。たぶん、画像再編集には数年かかると思います。(苦笑)

なお、ここに書いていることは、あくまで個人的な思いであり、いかなる組織をも代表、代弁するものではありませんし、無関係ですので念のため。

雨のサンフランシスコを後に・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

今朝は本降りの雨になったサンフランシスコ。午前9時半ごろにホテルを出てBARTのパウエル駅に向かう。壊れかけの傘にはちょっと厳しい振り方である。

駅に着いたら、なにやら様子がおかしい。聞いてみると、BARTの南行きはDali City止まりで空港には行けなくなっているとのこと。仕方ないのでタクシーを拾って空港へ向かう。おかげで9ドルが50ドル近くになってしまう。ともあれ、とりあえず空港に着いて、デルタのラウンジで1時間半ほどの搭乗待ち。

そのうち、雨が上がって晴れ間が見えてくる。

さて、そろそろ搭乗時刻になったので、ゲートへ行って見ると、なにやら怪しい雰囲気。案内板を見ると、LAX行きの早い便が軒並み遅れていて、まだ出発していない。搭乗便はオンタイムになっているのだが、どう見ても無理っぽい雰囲気。これは1時間以上遅れるな・・・と覚悟を決めたのだが、結局、小一時間遅れて出発となった。しかし、ぎりぎりまでオンタイム表示というのはやめてほしい。

出発は10R、いつもとは逆方向だが、LAX便には時間短縮となるサンノゼ方向への離陸。

離陸後は順調で、一時間弱でLA上空へ。

結局、30分ほど遅れでLAXに着陸した。

そんな感じで、午後2時半頃にロサンゼルス到着。空港からシャトルバスでホテルへ。一週間、サンフランシスコの安宿住まいだったので、「普通のホテル」がなんとなく新鮮。(苦笑)とりあえず、一息。窓からはLAXの滑走路の端が見える。見ると、ぽつんと雲のかたまりがひとつ。まさか、偽装したUFO?などと妄想してみる。

まだ晩飯には時間があるので、少し周囲を歩いて見ることにする。

空港方面に歩いて、北側の滑走路の端で着陸機をながめる。

並行する滑走路から、A380が立て続けに3機離陸していく。なかなか壮観。残念ながらこの機体も生産中止が決まってしまった。やはり売れないらしい。

空港の端にある巨大な駐車場の周囲をぐるっと歩きながら、飛行機と空を眺める。

気温は少し低めだが、寒さも感じない気持ちがいい天気。同じカリフォルニアでも、サンフランシスコとはだいぶ違う。

小一時間歩いて、いい感じで腹も空いたので、部屋に一度戻ってから、ホテルのレストランへ行って晩飯(というか飲む)。

最終夜なので、ちょっと贅沢する。コロナで喉を潤したあと、ワインを飲みながら肉を食うことに。フィレをミディアムレアで頼んだら、間違ってリブアイが来てしまったので、少し待たされる。ともあれ、いい感じで酔っ払って、部屋に帰ってちょっと横になり、それからこれを書いている。明日は10時過ぎの便で帰国の途につく予定だ。米国では明日から夏時間に切り替わる。時計が1時間進むので、気をつけないといけない。PCやスマホの時計は自動で切り替わるはずなのだが、腕時計は寝る前に確認しておこう。(電波時計だが、コロラドからの電波がうまく受けられないと切り替わらないので)

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.kazamidori.jp/MT6/mt-tb.cgi/3702

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、風見鶏が2019年3月10日 14:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「RSA最終日、そして・・・」です。

次の記事は「帰国後のバタバタ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。