このブログは「風見鶏」が、日々気づいたこと、思ったこと、したことを気ままに綴る日記です。2008年9月に旧ブログから引っ越しました。バックアップをご覧ください。

ゲストログインがうまくできないので、コメントを承認制にしました。スパムでないことを確認の上、公開します。判断はあくまで「風見鶏」の主観で行いますので、文句は受け付けません。(笑)承認が遅れることもままあると思いますが、あしからず・・・

システムトラブルのため、2015年以降のブログ画像が消失しました。鋭意、新しい物から順次復旧中です。たぶん、画像再編集には数年かかると思います。(苦笑)

なお、ここに書いていることは、あくまで個人的な思いであり、いかなる組織をも代表、代弁するものではありませんし、無関係ですので念のため。

RSA最終日、そして・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

今朝は、今回はじめて快晴のサンフランシスコ。とりあえず、会場へ向かう。

午前中に3セッション。最初は、電力系のお話。

電力会社のネットワークを他のネットワークと分離することに意味があるのか・・・という問いかけのセッションである。実際、電力会社は自前の光ファイバー網を持っている。米国の電力会社はこれらを使って独立したネットワークを作っているのだが、はたして、コストをかけて分離するだけの効果があるのかという話である。まぁ、昨今の常識として、独立したネットワークでも安全ではないという話なのだが、とりあえず、インフラがあるなら、分けておくぬい越したことはない。ただ、その「分離」が、そのレベルで行われているのか。たとえば、一般のネットワークとの間での機器移動といった人が媒介するリスクをきちんと管理出来ているのかどうかは、ちょっと疑問符がつく。また、それぞれの電力会社間の接続ポリシーも重要だ。このパネルでは、そのあたりの突っ込みもあったのだが、パネリストの歯切れはなんとなく悪かった。

このあたりの施策、なんとなく政治的な匂いもするから、ちょっとキナくさい。このセッションをWestで聴いてから、Southに移動する。天気は快晴。いい感じだ。展示会場は片付けの最中である。次のセッションは航空系のセキュリティについてのもの。

実際、今の航空機や、その周辺サポート、運航やメンテナンスは、通信ネットワークに大きく依存している。レーダーも、今は航空機と速度や高度、方位などの情報を交換しているし、運航システムは航空機とその周辺様々な動きをすべて管理している。機体メーカーは機体の各所からIoTによるデータ収集を行っているし、その情報はメンテナンスなどに利用されている。乗客向けにはインターネット接続やVODなどが提供される。こうしたネットワークは基本的に分離されているはずだが、たとえば、直接機体制御に影響をあたえないからといって、影響がまったくないとは言えないのである。これは、セッションの中でも協調されていた。スピーカーいわく、航空業界には、幸にも長年培った安全についての文化があるから、セキュリティもその文化に融合させていくのが最も良い方法だという。確かに、航空事故やインシデントの調査は徹底的に行われ、その原因はすべての航空機から排除される。このため、原因が究明できれば同種の事故は二度と起こらない。これは、セキュリティについても必要なことである。このセッションはなかなか面白かった。

休憩時間に、ロビーを歩いていたら、壁にこんなものが・・・。なんとなく色々妄想させてくれる。

最後のセッションは、英国のIoTセキュリティ規範についてのお話。

IoT機器メーカー向けのセキュリティガイドラインなのだが、大きな13の項目について挙げていて、それぞれ、その実装を考えるように求めている。そういう意味では、一種のフレームワークである。今後、細部のガイドラインや認証シールといったものに広げていきたいという話である。面白いのは、この13の項目について、他国や様々な組織が出しているガイドラインやガイダンスとのマッピングを行っている点だ。これは面白い、というか、実装するメーカーに親切だと思う。各国、競ってこうしたガイドライン的なものを出しているが、実際に一番使いやすいものはどれになるのか、興味深いところである。

そんな感じで予定は終了。クロージングはパスして、一旦ホテルに戻り、それから街へ出てみる。会場を出たとき、ざっと一雨あったのだが、すぐに上がってしまったのはラッキーだった。午後はずっといい天気である。

で、またケーブルカーに乗って海沿いまで行ってみることに。

とりあえず、フィッシャーマンズワーフのお店でクラムチャウダーを昼飯代わりに食う。このあたりは、おこぼれを狙っていろんな鳥がやってくる。

あとは、フィッシャーマンズワーフからピア39あたりをうろうろ。

ピア39では、いつもの光景。今日は日差しがあるのでこいつらも気持ちよさそうである。

しかし、こいつら、「オットセイ」なのか「トド」なのか、いまいち区別がつかん。アシカはなんとなく分かるのだけど。英語だと、Sea Lionで一括されてしまっているし・・・。さておき、天気もいいので、少し海風に当たっていたのだが、結構寒い。

天気がいいのでピア39も賑わっている。なんとなくRSAで見たようなグループもいる。コングレスバッグを背負っている連中も・・・。

そのまま、とりあえず海沿いを歩いて、フェリーターミナルまで行ってみる。

ターミナルの中にはいろんな店があって、人も多い。

ワインの店があるので、ちょっと惹かれるが、この時間から飲んでしまうとちょっと辛くなるので、心を鬼にしてパス。晩の飲み食いの言い訳に、少し運動量を・・・ということで、また折り返してピア39へ戻る。

さて、ちょっと疲れたのでピア39で休憩してから一旦ホテルに戻ることにする。

またケーブルカーでパウエル駅まで戻ったんだが、車内で知った顔を見たような気がしたのは気のせいだったか・・・。パウエル駅あたりで、ふと空を見たら飛行機がこんな文字を書いている。EVERY DAYと読めるのだが、何かのイベントだろうか。

さておき、流石に疲れたので、ホテルに帰ってから、ざっとシャワーを浴びて一休み。6時過ぎまでゴロゴロしてから、今度は晩飯に出かけた。どうしようかと思ったのだが、結局、またケーブルカーに乗って海沿いへ。

昼間は、パウエル、メイソン間を運航していたケーブルカーが、夜はハイド行きに変わっていて、思ったより遠くなってしまった。夜になって一気に冷え込んで、ケーブルカーの前の外側席はかなり寒かった。

結局またピア39まで行き、この前、昼に入った店のカウンターで、一杯やりながらエビなどを食う。

なんだかんだで8時過ぎまで飲み食いして店を出る。

帰りは電車にしようと思ったのだが、例によってなかなか電車が来ない。結局、夜景などを見ながらフェリーターミナルあたりまで歩いてしまう。

いい加減足腰がへたってきたのだが、ここまで歩いてしまうと中途半端なので、そのままマーケットストリートを歩いて帰ってきてしまった。なんと、本日の歩行距離は19.7Km 。いくらなんでも歩きすぎである。膝が痛くならないことを祈ろう。

さて、明日は午前中にホテルを出て、昼過ぎの便でLAへ向かう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.kazamidori.jp/MT6/mt-tb.cgi/3701

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、風見鶏が2019年3月 9日 15:47に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「RSA Conference 2019 DAY-3」です。

次の記事は「雨のサンフランシスコを後に・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。